【レビュー】WH(ダブルエイチ)のサイドゴアブーツ

記事まとめ

  • WH(ダブルエイチ)というシューズブランドから販売されているサイドゴアブーツについて紹介する
    • 良い点
      • 背が高く見える
      • サイドゴアブーツは脱ぎ履きが楽
      • ラバーソールは歩きやすい
    • 気になる点
      • 足元のインパクトが強くなる

 

WH(ダブルエイチ)というシューズブランドをご存知でしょうか?

ファッションディレクターの干場義雅(ほしば よしまさ/Instagramリンク)さんと、シューズデザイナーの坪内浩(つぼうち ひろし)さんが作り上げたシューズブランドです。

 

私は、干場さんのファッションが好きです。

干場さんは、以下のように、色々なYouTube動画に出演されています。


私は、渋めのファッションが好きです。

 

話が少し変わりますが、大学生の頃(2003年~2007年)から洋画が好きなのですが、好きなハリウッドスターは渋めのおじさん俳優でした。

  • ブルース・ウィリス
  • ジョン・トラボルタ
  • ニコラス・ケイジ

今も、憧れのハリウッドスターは自分より年上の俳優です。

  • レオナルド・ディカプリオ
  • ロバート・ダウニー・Jr
  • ジェイソン・ステイサム

 

雑誌で言うと、「LEON」に出てくるような格好が好きです。

私の財力では毎シーズン購入することはできませんが、好きな服や小物を一点買いして、複数年通して使い続けることはできると思います。

街中を歩く時はブランド品やカッコいいと思うものを身につけ、普段の買い物や自宅は、機能性重視や安価なものを見つける生活スタイルです。

 

大学生や20代の方々がするようなファッションより、もっと渋いファッションをしたいと思っています。

落ち着いた雰囲気の、高級感があるようなファッションです。

 

そのイメージにぴったりなのが干場さんでした。

 

そして干場さんが手がけているのがWH(ダブルエイチ)だったため、WHのサイドゴアブーツを購入しました。

ちょうど、サイドゴアブーツを買おうと思っていたのです。



本製品は、安い製品ではないです。

5万円しました。

5万円する靴を、Amazonで試着なしで購入しました。

広島県で売っているところを見つけられなかったからです。

 

確定ボタンを押すまで、相当悩んだことを覚えています。

特にサイズですかね。

 

もし、WHシューズを購入しようとする人がいるならば、見栄えや履いた時の感想が気になると思いますので、本記事でまとめておきたいと思います。

1. WH(ダブルエイチ)のサイドゴアブーツ

私は、ダークブラウンのサイドゴアブーツを購入しました。

2017年9月に購入して、もう3年以上経つので年季が入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

①良い点と気になる点

良い点は以下です。

  • 背が高く見える
  • サイドゴアブーツは脱ぎ履きが楽
  • ラバーソールは歩きやすい

 

気になる点は以下です。

  • 足元のインパクトが強くなる

 

背が高く見える

WHシューズの特徴の1つだと思っていますが、背が高く見えます。

厚底ブーツとまでは言いませんが、他のブーツより厚めです。

 

4cm程度高くなった

私が持っているスニーカーと比較するため、靴を履いた時の高さを測ってみると以下でした。

  • 4cm: WHのサイドゴアブーツ
  • 1.5cm: ユニクロのスリッポン
  • 2cm: コンバースのハイカット

なお、写真のとおり、靴の内側と外側で長さを測って、引き算をして計算しました。

 

 

  • 比較したユニクロのスリッポン

 

 

  • 比較したコンバースのハイカット

 

 

中敷は2cm

中敷を測ると、2cmくらいでした。

 

 

 

 

目線が高くなると気持ちがいい

山登りや高層ビルの良さの1つが景色だと思います。

高い場所から眺めると、天下を取ったような、何かを達成したかのような気になり、気分が高まり気持ちがいいです。

 

そこまでの良さとは言いませんが、目線が高くなると気持ちが良いです。

 

WHのシューズはサイドゴアブーツ以外も、4cm前後高くなるように作られているようです。

 

普段1~2cmの高さの靴を履いている人が、2cm高い靴を履くだけでも、全然違います。

私は自分の姿勢が良くなったような気がして、気分が良くなりました。

 

実際は猫背であり、まだ改善できておりません。

  • 2021年にストレッチで改善させる予定

ただ、目線がいつもと違うため、背を伸ばしているかのように感じ、それが気持ちよく感じるのです。

 

一度、背伸びをしながら歩いてみてください。

それでも同じような感覚を味わえると思います。

 

私は173.2cmですが、178cmほしかったと悔やんでいます。

そういった感情があるから、目線が高いと嬉しいのかもしれません。

 

背が高くなるようなシークレットシューズを履いたことがないので分かりませんが、同じような感覚になるのでしょうね。

少し興味があるのですが、今のところ、WHシューズで満足感は得ています。

 

サイドゴアブーツは脱ぎ履きしやすい

WHシューズというか、サイドゴアブーツ全般の評価になるのですが、サイドゴアブーツは楽です。

 

私はひもなしの靴を好みます。

特に、スーパーへ買い物に行くときは、すぐに靴を履きたいため、スリッポンを履いています。

上記で写真があった、ユニクロのスリッポンです。

 

サイドゴアブーツはひもがなく、サイドにゴムバンドがついています。

すごく伸びるゴムというわけでなく、多少伸びるような程度です。

そのため、非常に脱ぎ履きしやすいです。

 

私は体が硬いです。

そのため、靴を履くために、前屈状態になるのが嫌なのだと思います。

 

サイドゴアブーツやスリッポンは、手を使わずに履けるので大変楽です。

 

サイズ選びが重要

ただ、欠点があります。

サイズ選びです。

 

ひもがなく調整ができないため、特に慎重にサイズ選びをしないといけません。

 

私は普段、26cm前後の靴を履きます。

ただ、本製品は、Amazonでは25.5cmか27cmしかありませんでした。

結局、25.5cmを購入しちょうどよかったのですが、危険な賭けでしたね。

 

上記のとおり、多少大きめの作りになっている製品でした。

25.5cmでも少し余裕があります。

 

ただ、他のWHシューズも同様なのか分かりません

ブーツだから大きめなのかもしれません。

 

可能な限り店舗での購入をオススメしたいですが、私の場合は、少し小さめのサイズを選んでもちょうどよかったということをお伝えしておきます。

 

私は以前、ビジネスシューズのローファーで失敗しました。

サイズを合わせすぎたためか、キツキツを買ってしまい、履かなくなったのです。

ひもなしタイプはなるべく小さめにしないと脱げそうになるため、多少小さめを選ぼうとしてしまいます。

それで失敗しました。

 

なお、サイドゴアブーツは、足首を囲っていますので、多少大きめでもそれほど脱げそうにならないです。

参考になれば幸いですが、一応、別のサイドゴアブーツでもよいので、まずは店頭で履いてみると良いかと思います。

 

ラバーソールは歩きやすい

WHのサイドゴアブーツはラバーソールです。

他のWHシューズはラバーソールが多いです。

ラバーソールとはゴムの靴底です。

 

 

私の感想としては、ラバーロールは歩きやすいです。

 

私が新入社員(2007年頃)のときは、コツコツという音がするビジネスシューズに憧れていました。

大学生から社会人になって一番変わったのが、スーツ姿だからです。

大人になった感触を一番味わいました。

 

その中で、ビジネスシューズのコツコツという音がカッコいいと思っていました。

ただ、段々と、慣れていったためか(仕事のストレスなのか)、コツコツ音が気になり始めました。

自分のだけでなく、他人の音に対してもです。

 

昼休みに机で昼寝をしているとき、「静かに歩けよ」と思ったこともあります。

絶対にストレスですね笑。

 

このラバーソールは、コツコツ音はしません。

キュッキュッという音もしないです。

歩き方によるかもしれませんが、ほぼ無音ですね。

 

また、砂利道を歩くことはないと思いますが、砂利道も歩きやすいです。

 

実は私は、2018年に退職し、個人事業主になったため、もうスーツは着ていません。

このブーツはもったいないため、観光地などで履いています。

そのとき、石が多い道を歩いたのですが、足が疲れにくかったです。

 

ラバーソールと、厚底のおかげだと思います。

まるで、マウンテンブーツ(山道用の靴)を履いているような感じです。

 

ただこれは1つのデメリットにもなると思っています。

足元が大きく見えすぎるからです。

 

見栄えと歩きやすさのどちらを取るかということになるかもしれません。

 

足元のインパクトが強くなる

私のWHシューズ全般の印象ですが、どれも少し大きめに見えると感じています。

 

本製品も、上記で説明したように、厚底でありブーツであるためか、大きく見えます。

そのため、スーツ姿で細めに見せようと思っている人には、足元が大きすぎるかもしれません。

 

以下、コンバースのハイカット(26.0cm)とWHサイドゴアブーツ(25.5cm)の写真を交互にお見せします。

多少、サイドゴアブーツの方がインパクトがあると思います。

  • 写真だと分かりにくいかもしれませんね‥

 

好みによると思いますが、私の印象でしたのでお伝えしておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②身長173.2cmで体重60kg前後の私が履いた場合

例として、私が履いている写真を載せます。

ちなみに、身長173.2cm、体重が60kg前後です。

 

靴のサイズは25.5cmです。

 

ディーゼルのチノパンツの場合

ディーゼルのジョグジーンズのチノパンツを合わせてみました。

3万円くらいしたズボンで、私が持っている中で一番高いパンツです。

 

 

 

 

 

 

 

  • ズボンの裾を上げて靴を見えやすくした場合

 

 

 

 

 

ユニクロのストレッチジーンズの場合

ユニクロのストレッチジーンズを合わせてみました。

確か、2,900円くらいでした。

 

 

 

 

 

 

おまけ: アンダーアーマーのUAスポーツマスクは大きめを選ぼう

 

上記の写真でしているマスクは、アンダーアーマーのUAスポーツマスクです。



サイズは以下の5つがあります。

  • XS/SM: 小さめ(女性・子どもにおすすめ)
  • SM/MD: やや小さめ(女性・子どもにおすすめ)
  • MD/LG: ふつう
  • LG/XL: やや大きめ
  • XL/XXL: かなり大きめ

 

私はスポーツ用品店で購入したのですが、試着ができず、ふつうの「MD/LG」にしましたが失敗しました

あごを隠そうとすると、鼻の頭がギリギリ隠れる程度になってしまいます。

つまり、小さすぎました

 

以前、海外製品の服を買った時、サイズが大きすぎたため、今回のマスクも外国人サイズだと思ったのですが、そうでもありませんでした。

 

スポーツをする時は呼吸が苦しくなるので鼻全体がマスクで隠れないほうがいいのかもしれないのですが、私は鼻全体をしっかり囲みたかったので失敗しました。

 

もし購入しようと思っている人は、少し大きめを買った方が良いと思います。

2. 終わりに

サイドゴアブーツは夏には履いていません。

暖かくなったらさすがにキツいです。

 

冬がメインですね。

春はあまり履かず、秋から冬にかけては履きます。

 

私は、春夏用のWHシューズを買いたいと思っています。

スニーカータイプか、ローファータイプを検討中です。

 

良い製品に出会えたら、また記事で情報公開したいと思います。




おすすめの記事