オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」のレンズ手振れ補正の実力【車載動画】

記事まとめ

  • オリンパスのレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」について、車載動画における手ぶれ補正の実力について確かめた
    • レンズ情報
      • マイクロフォーサーズレンズ
      • 高倍率ズームレンズ: 12-100mm
        • 24-200mm相当: 35mm判換算
  • 手ぶれ補正をオンにすることで、小刻みに揺れるブレを抑えられることが確認できた

 

私はシネマティック(映画風)な動画を撮ることを目標としています。

日本の道路におけるドライブや観光地について、シネマティックに伝えていきたいと考えています。

 

そこで選んだカメラが、ブラックマジックデザイン社のシネマカメラであるBMPCC4K(Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K)です。



BMPCC4Kは、他の一眼レフカメラと比べ、シネマティックな映像を撮りやすいと思っています。

 

ただ一点だけ、残念な点があります。

それは、「カメラ本体に手ぶれ補正機能がない」ことです。

 

三脚やスタビライザーを使って撮影する場合は問題ないですが、手持ちだと手振れがひどく、編集で手ぶれ補正をしない厳しいです。

手で持って撮影すると、どうしても手ぶれを抑えることができないです。

呼吸もしていますからね。

 

ドライブ動画も一緒で、車は常に振動がありますので、手ぶれが発生してしまいます。

 

そこで選んだのが、レンズ側に手ぶれ補正がついている、オリンパスの「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」でした。



今回の記事では、動画を使って、手ぶれ補正の実力をまとめたいと思います。

1. オリンパスレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」の手ぶれ補正

    手ぶれ補正の確認は、焦点距離が35mm12mmの2つの設定で確認を行いました。

     

    確認は、ドライブ動画における確認となります。

    車へのカメラ設置方法については、以下の記事をご確認ください。

     

    焦点距離が35mmの場合

    まずは焦点距離が35mmの場合です。

    基本的に、焦点距離が長くなるほど(望遠になるほど)、手ブレの影響が大きくなっていくようです。

     

    レンズ手ぶれ補正オフ

    レンズ手ぶれ補正をオフにしたときの映像が以下となります。


    動画のとおり、小刻みに揺れる、小さなガタガタとしたブレが続いています。

    車の振動がそのまま映像に表れているようです。

    レンズ手ぶれ補正オン

    レンズ手ぶれ補正をオンにしたときの映像が以下となります。


    動画のとおり、小さなガタガタとしたブレが少なくなりました

    手ぶれ補正をオフにしたときよりも、なめらかで見やすい映像になったかと思います。

     

    上下の大きなブレは残っていますが、非常になめらかになっています。

    私としては圧倒的に見やすくなったと思っています。

    焦点距離が12mmの場合

    続いて、焦点距離が12mmの場合です。

    焦点距離が短くなるほど(広角になるほど)、手ブレの影響は小さくなっていくようです。

     

    レンズ手ぶれ補正オフ

    レンズ手ぶれ補正をオフにしたときの映像が以下となります。


    焦点距離が35mmの時と比べると、ブレの影響は小さくなっていますが、それでも小刻みに揺れる、小さなガタガタとしたブレが続いています。

     

    ドライブにおいては、道路の状況により、ガタガタとブレが発生するのが普通です。

    そのため、上記の動画のブレ程度であれば、許容できる人もいるかもしれません。

    多少のブレがある方が、臨場感が出ますからね。

    つまり、運転している状況をより表すことができると思ってます。

     

    レンズ手ぶれ補正オン

    レンズ手ぶれ補正をオンにしたときの映像が以下となります。


    動画のとおり、小さなガタガタとしたブレが少なくなりました

    手ぶれ補正をオフにしたときよりも、なめらかで見やすい映像になったかと思います。

     

    私としては、できれば小さなブレも抑えたいため、12mmの場合でも、手ぶれ補正オンの映像のほうが好きですね。

    2. 終わりに

    私はこのレンズを買った時から、常に手ぶれ補正をオンにして利用してきました。

    今回、改めて、手ぶれ補正オフにして実験した理由があります。

     

    それは、「明るい単焦点レンズがほしい」と思っているからです。

    夜のドライブ動画をカッコよく撮影したいため、もっと明るい単焦点レンズがほしいのです。

     

    私が買おうと考えたレンズは、手ぶれ補正が付いていませんでした。

    そのため、手ぶれ補正がない場合は、どの程度、ドライブ動画が撮影できるのかを確認したかったわけです。




    結論としては、ドライブ動画においては、レンズ手ぶれ補正が必要だと思っています。

    そのため、今後、夜のドライブ動画を撮影するために、レンズ手ぶれ補正付きのレンズを探さないといけなくなりました。

     

    良いレンズあるかな〜?

    おすすめの記事