GoPro カルマグリップ(Karma Grip)にモバイルバッテリーで充電しながら行う長時間撮影(GoPro HERO6装着)

記事まとめ

  • GoPro カルマグリップ(Karma Grip)にモバイルバッテリーで充電しながら連続撮影時間を測定した
  • カルマグリップには、GoPro HERO6を装着した
  • 1080p/60fps設定における連続撮影時間:36分
  • 1080p/24fps設定における連続撮影時間:5時間4分〜5時間26分

 

GoPro カルマグリップにGoPro HERO6 Blackを装着し、カルマグリップ本体に挿入したバッテリーのみで撮影した場合、連続撮影時間は2時間30分近く(1080pビデオ設定モードの場合)となります。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

 

撮影環境によっては、2時間30分以上の長時間撮影がしたい時もあると思います。

そのため今回は、モバイルバッテリーでカルマグリップに給電(充電)しながら、連続撮影時間を測定しました。

1. 撮影環境および撮影方法

  • 1-1. 撮影場所:自宅(室内)
  • 1-2. モバイルバッテリー:EC Technologyメーカー製品
  • 1-3. GoPro設定内容(ビデオモード設定):1080p/60, 1080p/24

1-1. 撮影場所

撮影は自宅(室内)で実施しました。

比較的、良好な環境とするため日向ではなく日陰に設置しましたが、冷房や扇風機の風をGoProにあてたりはしておりません。

ちなみに、撮影は2019年10月であり、室内気温は20℃前後でした。

室内で冷房をつけなくても快適に過ごせる環境でした。

1-2. モバイルバッテリー

モバイルバッテリーは、同じメーカー(EC Technology)で2種類持ってます。

モバイルバッテリーA
Model : PB01
Output : 5V/5.5A (AUTO)
Capacity : 22400mAh/82.8Wh
Input : 5V/4A (2A Max per port)
モバイルバッテリーB
Model : B30224
Output : 3ポート
 ポート①(iPhone表記): 1A(max)
 ポート②(Samsung Tab表記): 2A(max)
 ポート③(iPad表記): 2.4A(max)
Capacity : 3.7V/22400mAh/82.8Wh
Input : DC5V/4A (2A max)

モバイルバッテリーA(model : PB01)の方が新しいです。

上記の仕様となっており、5V/5.5A(AUTO)ポートが3つあり、このポートとGoPro カルマグリップを接続します。

モバイルバッテリーB(model : B30224)は古いタイプで、今は買えないと思います。

今回は実験のため、モバイルバッテリーAとモバイルバッテリーBのそれぞれで測定を行いました。


1-3. GoPro設定内容(ビデオモード設定)

GoPro HERO6のビデオモードにおける設定内容は下表のとおりです。

カルマグリップ本体に挿入したバッテリーのみで連続撮影時間を測定した時、4Kのビデオ解像度では、高温による撮影ストップが発生しました。

カルマグリップにモバイルバッテリーを接続し、給電しながら撮影したとしても、同じように高温による撮影停止が発生すると思ったため、今回は測定対象から排除しました。

そのため、「①1080p/60、②1080p/24」の2つを実験対象としてます。

ビデオ解像度 FPS
4K 60/30/24
4K 4:3 30/24
2.7K 120/60/30/24
2.7K 4:3 60/30/24
1440p 60/30/24
1080p 240/120/60/30/24
720p 60

2. モバイルバッテリー接続時の連続撮影時間結果

各ビデオ設定時における、GoPro HERO6のモバイルバッテリー接続時の連続撮影時間の結果は、下表のとおりです。

1番右の列は、カルマグリップ本体に挿入したバッテリーのみで撮影したときの連続撮影時間です。

ビデオモード設定 モバイルバッテリーの出力ポート 連続撮影時間 (参考)
カルマグリップ本体のバッテリーのみの連続撮影時間
1080p/60fps 5.5A (AUTO) 36分 2時間25分
1080p/24fps 5.5A (AUTO) 5時間21分 2時間29分
1A(max) 5時間20分
2A(max) 5時間4分
2.4A(max) 5時間26分

 

2-1. 「1080p/60fps」は撮影不具合が発生し長時間撮影不可

1080p/60fpsの場合、36分で「高温シャットダウン」が発生し、撮影がストップしました。

カルマグリップの電源は、4時間程度稼働して、その後バッテリーがなくなって停止しました。

カルマグリップのバッテリー不足ではなく、GoPro HERO6本体の問題による撮影ストップということです。

 

カルマグリップにGoPro HERO6を装着すると、カルマグリップからHERO6へ給電(充電)を行うことになります。

1080p/60fpsでは負荷が高くなり、カルマグリップでGoPro HERO6へ給電しながら撮影するとさらに負荷が上がり、温度上昇につながっているのかもしれません。

2-2. 「1080p/24fps」は問題なく長時間撮影可能

1080p/24fpsの場合、5時間を超える長時間撮影ができました。

カルマグリップのバッテリーのみの撮影では2時間30分近くでしたので、およそ2倍程度長く撮影できました。

 

モバイルバッテリーからカルマグリップに給電しながら撮影を行いましたが、5時間20分前後でカルマグリップのバッテリーがなくなります。

モバイルバッテリーのバッテリーは残っていましたので、給電のスピードが追いつかず、カルマグリップのバッテリー残量は徐々に減っていったということです。

 

下表のとおり、GoPro HERO6は、カルマグリップ停止後も稼働しており、その後SDカードフルとなり、撮影がストップしました。

カルマグリップのバッテリー停止時間とGoPro HERO6の撮影停止時間はそれほど差はないことがわかります。

モバイルバッテリーの出力ポート カルマグリップのバッテリー停止 GoPro HERO6の撮影停止
(SDカードフル)
5.5A (AUTO) 5時間21分 5時間37分
1A(max) 5時間20分 5時間37分
2A(max) 5時間4分 5時間4分
2.4A(max) 5時間26分 5時間37分

 

3. 終わりに

まとめ

  • 1080p/60fps設定では、カルマグリップへのモバイルバッテリー接続による長時間撮影は不可
  • 1080p/24fps設定における連続撮影時間:5時間4分〜5時間26分

 

カルマグリップへモバイルバッテリーによる給電(充電)をしながらGoPro HERO6で撮影を行うことで、5時間を超える撮影が可能となりました。

マイクロSDカードが256GBや512GBであれば、さらに長時間の撮影が可能だと思いますが、GoPro HERO6は128GBが最大です。

もしカルマグリップで長時間撮影をしたい場合は、モバイルバッテリーの給電による撮影をご検討ください。

 


 

 

おすすめの記事