(YouTubeチャンネル運営日記-No.003)なぜ、月収1万円なのか?

【←前の記事】

ゴール

  • YouTubeチャンネルを作成し、47都道府県ロードムービーを制作する

 

目的

  • 個人事業主として、月収1万円の事業にするため

 

私は、2021年10月現在、YouTube上で47都道府県のロードムービーを制作することに挑戦中です。

目的は、個人事業主として、月収1万円の事業にするためです。

 

なぜ、月収1万円なのでしょうか?

 

本記事では、私がYouTubeチャンネルを月収1万円にしたい理由をまとめたいと思います。

 

1. 私がYouTubeチャンネルを月収1万円にしたい理由

結論から申しますと、月収1万円の数字には特に根拠はありません

キリが良い数字のため、月収1万円にしました。

 

私は2021年から個人事業主として生活しているのですが、その中で、月収10万円を目指しています。

月収10万円の根拠は、生活費が10万円に近いからです。

 

 

そして私は、30年以上生きてきて、飽き性であり、1つのことをやり続けることが苦手だと分かったため、1つの事業で月収10万円を目指すのではなく、月収1万円を10個以上作ろうと決意しました。

 

 

このような流れがあり、YouTubeチャンネルを1つの事業として月収1万円にしようと考えました。

これがYouTubeチャンネルを月収1万円の事業にしたい理由です。

 

YouTubeチャンネルで月収1万円を確保するのは簡単なのか?

私はYouTubeで月収1万円を確保するのは難しいことだと思っています。

 

以前私も、YouTubeチャンネルを開設し、動画を投稿していました。

本格的に実施していなかった(言い訳)ということもありますが、チャンネル数は10人もいきませんでした

 

そう簡単にできるものだとは思っていません。

 

動画制作は時間もかかります

凝った編集を考えると、1日では終わりません。

 

作成中の動画を、どの段階でオッケーとするかの判断も難しいものです。

クリエイターという職業が、いかに難しい仕事なのか理解できました。

 

YouTubeチャンネルを収益化することが最低条件

月収1万円の前に、1円でも稼ぎにするためには、YouTubeパートナープログラムの審査で承認される必要があります。

 

チャンネル登録者数が 1,000 人以上、かつ有効な公開動画の総再生時間が 4,000 時間以上である。

 

まずはチャンネル登録者数1,000人が目標です。

1,000人の登録者がいないと、何も始まりません。

 

私は登録者数1,000人であれば、月収5,000円〜10,000円くらいになると思っており、もしかすると、目的達成にもなるのではないかと思っています。

 

ただ、簡単ではありません。

10人でも厳しいと思っていますから。

 

相当な努力と、継続が必要だと思っています。

2. 終わりに

「YouTubeチャンネルを月収1万円の事業にする」というのは簡単ですが、実際は苦労すると思ってます。

普通に生活してきて、1,000人のファンを集めることなど、今までやったことがありません。

 

友人や親戚の数を全部足しても1,000人にならないです。

 

それだけ「登録者数1,000人」の壁は高いと思っています。

 

ただ、達成できない数値でもないと思ってます。

絶対に届かない壁ではないです。

 

月収1万円の事業としては、やりがいのある挑戦だと思います。

 

まずは1,000人。

なんとしてでも、登録者数1,000人を超えたいと思います。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事