(TOEIC900点挑戦日記-No.004)TOEIC900点に向けて、勉強方法はどうするか?

【←前の記事】

ゴール

  • TOEIC900点を超える
    • 2019年1月のスコア:875点
      • リスニング440点 / リーディング435点

 

勉強方法

  • ①雑誌「CNN ENGLISH EXPRESS」で、スピーキングを意識してリスニング力を鍛える
  • ②映画のセリフを覚えながら、リスニング力を鍛える
  • ③リーディングについては、英語ブログを運営するため、ライティングしながら鍛えていく

 

2021年10月現在、TOEIC900点を超えることに挑戦中です。

これまでの人生での最高得点は875点です。

 

本記事は、勉強方法の話です。

 

TOEIC875点を取得したときは、TOEICの教材をたくさん使って、TOEICに関連する英語だけを学習しました。

 

英語力を上げることよりも、TOEICのスコアを上げることに特化した勉強方法でした。

 

今回、TOEIC900点を目指していますが、TOEICスコアを上げることに特化しないようにします。

前回の記事で説明したとおり、「英語力=TOEICスコアではない」と思っているため、「英語力を上げることで、TOEICスコアを上げる」という流れでTOEIC900点を目指したいと思います。

 

 

では、どのような勉強方法にするのか?

 

本記事では、私の勉強方法についてまとめました。

 

1. TOEIC900点に向けた勉強方法

まず最初に、TOEICや英語を20年以上勉強してきた中で、分かったことがあります。

それは、「英語の勉強の基本は、知らない単語やフレーズを覚えることである」ということです。

 

リスニングでもリーディングでも、知らない英単語やフレーズが出てきたら、意味が読み取れなくなります

よく、「分からない単語は意味を予想しよう」という教えがありますが、それはあくまでも予想であって、予想が間違っていれば、意味が分からなくなります。

予想せずとも、意味を知っていることが一番良いです。

 

つまり、知らない単語やフレーズを無くすため、覚えまくるしかないと思っています。

自分の記憶力が悪かろうと関係ありません。

覚えまくるしか英語を使いこなす方法はないと思っています。

 

そのため、「英単語や英語フレーズを覚えまくる」という勉強方法を基本にします。

学習の段階で出てきた英単語やフレーズは、今後もどこかで出会うと考え、一つ残らず覚えます。

 

当然、すべてを覚えていくのは難しいでしょう。

ただ、最初から、「忘れてもいいやぁ」という弱気で勉強すると覚えられません。

そのため、「絶対に覚えてやる!」という強い気持ちで覚えようとすることが大事だと思っています。

 

これらを踏まえて、私は以下の3つを進めていきたいと思います。

①雑誌「CNN ENGLISH EXPRESS」で、スピーキングを意識してリスニング力を鍛える
②映画のセリフを覚えながら、リスニング力を鍛える
リーディングについては、英語ブログを運営するため、ライティングしながら鍛えていく

     

    【補足】

    サラリーマンを退職し、語学留学した後、そのまま数年間海外で働いていた元同僚に話を聞いたところ以下のような内容でした。

    • 語学留学では単語をたくさん覚えさせられた
    • 語学留学では1日中、英語を話し続けていた
    • 現在も英単語を覚える勉強をしている
    • 英単語は、英語を英語で覚えるのではなく、日本語の意味で覚えている

     

    上記の情報を参考にし、英単語を増やし続けることを決意しました。

    なお、2番目の「語学留学では1日中、英語を話し続けていた」というのも重要だと思います。

     

    • 日本語を1日中話し続けることは、日常でありますでしょうか?

     

    日常会話であれば、相手との会話のやりとりなので、休み休み話すことでしょう。

    ただ、語学学校では、1日中、先生に向かって話し続けていたようです。

     

    8時間くらいでしょうかね。

    日本語を8時間話し続けるのも大変なのに、それを英語でやっていた訳です。

     

    語学留学をした人が英語を話せるようになる理由がそこで分かりました。

    これくらいしないと英語を使いこすことはできないのだろうと思います。

     

    1-1. 雑誌「CNN ENGLISH EXPRESS」でリスニング力を鍛える

    勉強のメインは、「CNN ENGLISH EXPRESS」という雑誌を使うことにします。


     

    「CNN ENGLISH EXPRESS」を使う理由

    理由は以下のとおりです。

    日本語訳と解説がある
    実際に使われている最新英語である
    毎月新しい英語に触れられるため飽きない

     

    ①英語学習においては、解説が必要

    語学留学に行った元同僚は、先生に逐一英語を教わり英語を極めていきました。

    やはり、誰かに教えてもらうことは必要なことだと思っています。

     

    特に、スピーキングとライティングは絶対必要なのだと思います。

    自分の発音や文章が間違っているか判断できないからです。

     

    ただ、私は留学する時間もお金もありません。

     

    少しでも「先生に教わる」ということに近づけるため、「日本語訳と解説がある本」で勉強することにしました。

     

    ②実際に使われている最新英語

    「CNN ENGLISH EXPRESS」は、CNNというニュース放送の英語を取り扱っています。

    つまり、英語圏の人たちが実際に聞いている英語です。

     

    そこで出てくる英単語や英語フレーズは、すべて覚えるべきです。

     

    実際に出てきた英語なので、ひょっとしたら、自分が聞くかもしれなかった英語です。

    意味がわからなかったらそのまま聞き流すことになるでしょう。

     

    今後そのような事態にならないよう、出てきた英単語は全て覚えていくべきだと思って覚えます。

     

    なお、雑誌で取り上げているニュースは最新ニュースです。

    そのため、新しい用語なども使われています。

    最新の英単語を覚えられるということになりますので、そこも良い点です。

     

    ③内容が更新されるため飽きない

    私は飽き性のため、同じ教材を繰り返し読み続けることが苦手です。

    同じ内容であっても、新しい教材で学習したいです。

     

    教材を1周してしまうと、その教材が古臭く感じてしまい、学習意欲がなくなっていきます

    そういう性格なのでしょう。

     

    「CNN ENGLISH EXPRESS」は、毎月新しい内容で発売されますので、飽きずに続けられます

     

    リスニング教材を新しく替えながら実施していくこともできると思いますが、その場合、同じ著者の本でないことが多くなるため、勉強方法に統一性がなくなっていきます

    「CNN ENGLISH EXPRESS」を使い続ければ、同じ体裁で勉強を続けることができるため、やり方に慣れていき、学習しやすくなると思っています。

     

    「CNN ENGLISH EXPRESS」の使い方

    「CNN ENGLISH EXPRESS」はこれから使っていく予定なので、今後使い方は変わっていくかもしれませんが、基本的な考えとして、「スピーキングメイン」でやっていくことにします。

     

    TOEICはスピーキングではなくリスニングですが、私はスピーキングを意識して勉強します。

     

    リスニングを意識すると、どうしても受け身な勉強になります。

     

    TOEIC875点を取得したときはそのように勉強しました。

    このときは、TOEICのスコアアップをメインに考えていたからです。

    • リスニング440点まで取れましたので、この受け身な勉強でも、900点を取ることは可能だと思います

     

    今回は、TOEIC900点を目指しますが、本当に使える英語力を身につけながら、TOEICのスコアも上げていきたいと思っています。

     

    そのためには、スピーキングの学習は欠かせません。

    やはり、英語を聞けるようになることより、英語を話せるようになりたいですからね。

     

    こういった理由により、雑誌に出てきた英単語や英語フレーズは、自分でもスピーキングできるよう、発音を意識しながら声に出して、頭に入れていきたいと思います。

    頭に入れて、いつでも取り出せるようにします。

     

    もう資格のための勉強はしません

     

    1-2. 映画のセリフを覚えることでリスニング力を鍛える

    私が英語を極めたいと思ったキッカケは、洋画です。

     

    洋画を字幕なしで楽しめる英語力がほしいです。

    おそらく、これを達成しないと、英語の勉強を終えることはないと思っています。

     

     

    そのため、映画のセリフを覚えていくことで、スピーキング力とリスニング力を鍛えたいと思います。

     

    解説がないので、意味が正しいと自信があるフレーズだけ覚えていく

    教材は、実際の映画を使います。

    私はいくつか洋画を持っていますので、それを利用します。

     

    ただ、解説がありません

    日本語訳も、「日本語音声」か「日本語字幕」に頼るしかありません。

     

    日本語字幕は、視聴者が意味を把握しやすいよう、最小限の意味しか書かれないことが多いです。

    文字が多すぎると理解しにくいですからね。

     

    そのため、英語のセリフの細かい意味や、その背景(文化的な知識)は学べません

    そういった内容は、「CNN ENGLISH EXPRESS」や英語学習本に頼ることにして、ここでは意味が分かる英語のセリフを覚えていくことに特化します。

     

    意味がわからないセリフはいさぎよく飛ばします。

     

    アクション映画が多い

    私が持っている映画は、アクション映画が多いです。

    銃声や格闘音が聞こえまくる映画ばかりです。

     

    そういう映画の英語も、私にとっては覚えていくべき英語なので、スラング含めて覚えていこうと思いますが、最初は、できるだけおとなしい映画から実施したいと思っています。

     

    私が使用する映画(持っている映画)のリストは、本記事の最後にまとめています。

     

    1-3. 英語ブログの運営により、リーディング力を鍛える

    ここまではリスニング(スピーキング)の勉強方法でした。

     

    • リーディングは実施しないのか?

     

    今のところ、リーディングはメインにせず、メインはリスニングにしたいと思います。

     

    私は英語ブログの運営を本格的に実施していく予定です。

    • 今、10記事くらい書いていますが全部消して新たに始めます

     

    目的は、「英語で稼いでいる」という実績が欲しいからです。

    「英語で稼いでいる」ということは、非常にカッコいいと思っており、「英語を極めた!」と自分が判断できる1つの基準です。

     

    英語ブログで必要な主な英語力は、ライティングです。

    ライティングの際は、「単語力」と「文法力」が試されると感じています。

    • 同じ意味の英単語があるが、この場合、どちらの英単語を使えばいいのだろうか?
    • この英文は正しい文法なのだろうか?

     

    英語ブログでライティングをしてきて感じたことは上記です。

     

    つまり、英単語力と文法力を鍛える必要があり、これはリーディング力につながると思っています。

     

    そのため、リーディングの勉強は、英語ブログを運営していく中で実施することにします。

    その際に、英単語本や文法解説本を読んでいく予定です。

     

    1-4. TOEIC対策は最後に実施

    「英語力=TOEICスコアではない」と思っているため、TOEIC対策の勉強をせず、実践英語の勉強に特化しました。

     

    ただ、TOEICを受験する日を決めたら、TOEIC対策本を買って、TOEICに特化した勉強をします。

     

    やはり、TOEICにはTOEICの単語や文法がありますので、スコアを上げるためにTOEIC対策は必須でしょう。

     

    数ヶ月もTOEIC対策をやる必要はないと思いますので、1~2ヶ月で一気にやる予定です。

     

    2. 終わりに

    英語の勉強方法は世の中に数え切れないほど存在しており、どれが正しいか分かりません。

    というよりは、人それぞれ、考え方や能力、生活環境、生活スタイルが違うため、「1つの方法が正解という訳ではない」と思います。

     

    だからたくさんの勉強方法があるのでしょう。

     

    また、生活環境が変われば、勉強方法を変えた方がよいこともあるかもしれません。

     

    そのため、本記事で考えた勉強方法は、必要により変更させていく予定です。

     

    (参考)セリフを覚えていく映画リスト

    今のところ、以下の映画を使う予定です。

    私は俳優で映画を買うことが多いので、俳優別に並べてみました。

    ブルース・ウィリス

    • キッド


    • フィフス・エレメント


    • ダイ・ハード2


    ニコラス・ケイジ

    • マッチスティック・メン


    • ザ・ロック


    レオナルド・ディカプリオ

    • ワールド・オブ・ライズ


    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド


    • ウルフ・オブ・ウォールストリート


    • インセプション


    • ディパーテッド


    • ブラッド・ダイヤモンド


    ジェイソン・ステイサム

    • トランスポーター


    • トランスポーター2


    • スパイ


    マット・デイモン

    • ボーン・アイデンティティー


    • ボーン・スプレマシー


    • ボーン・アルティメイタム


    • ジェイソン・ボーン


    ロバート・ダウニー・Jr

    • アイアンマン


    • アイアンマン2


    • アイアンマン3


    トム・クルーズ

    • ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション


    • ミッション:インポッシブル フォールアウト


    • バリー・シール


    • アウトロー


    ジョニー・デップ

    • パイレーツ・オブ・カリビアン


    • ブラック・スキャンダル


    その他

    • インターンシップ


    • インフェルノ


    • ジョーカー


    • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ


    • マトリックス


    • マネー・ショート 華麗なる大逆転


     

    【次の記事→】

    未作成

    【No.001の記事リンク】

    本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

    ご参照ください。

     

    おすすめの記事