(個人事業主日記-No.005)なぜ、個人事業主なのか?

【←前の記事】

ゴール

  • 複数の個人事業により『月収10万円』を達成する!

 

目的

  • サラリーマンに戻りたくないため

 

基本方針(ポリシー)

  • 月収1万円の事業を10個作る
  • 「お金」を使わず、「時間」を使う(節約・節税)

 

補足

  • なぜ、月収10万円?
    • 必要最低生活費
  • 将来的に月収20万円を目指したい
    • 国民年金基金(およびiDeCo)の加入のため

 

私は2021年に個人事業主として開業し、2021年10月現在、月収10万円に挑戦中です。

基本的な考え方としては、月収1万円の事業を10個以上作り上げて、月収10万円を達成させたいと思っています。

 

さて、ここで疑問なのですが、なぜ、個人事業主になったのでしょうか

 

別にサラリーパーソンの副業として、月収1万円のブログやYouTubeといった事業であれば、作れないこともないはずです。

 

人それぞれ、やり方や生活環境が違うため、どちらが正解ということはないですが、私は個人事業主を選択しました。

 

本記事では、私が個人事業主を選択した理由を、個人事業主として生活していてよかったと感じることと同時に説明したいと思います。

 

1. 私が個人事業主を選んだ理由

私が個人事業主を選んだ理由は、以下の2つです。

これは同時に、個人事業主として生活してきて、良かったと感じていることでもあります。

1. 時間が自由である
2. 行動が自由である

 

1-1. 時間が自由

サラリーマン時代は、朝の9時から17時まで仕事でしたが、現実的には21時頃まで仕事をしていました。

この場合、副業に当てられる時間は、食事やお風呂をのぞき、1〜2時間程度でしょう。

休日を全て使えば、もっと時間を確保できると思いますが、圧倒的に個人事業主の方が、時間を多く確保できます

 

これが一番のメリットだと思っています。

 

事業(ビジネス)とは失敗を繰り返すもの

ブログやYouTubeに限らず、あらゆる事業は失敗がつきものだと思っています。

 

失敗を経験し、その失敗を次に起こさないように改善し、段々と成功に導いていくことが重要です。

 

この失敗と改善を繰り返すことは大事なのですが、時間がかかってしまうことがネックです。

 

副業の場合

副業の場合に、1日1時間の副業の中で、最後に失敗が分かったとしましょう。

 

次に改善を行うのは翌日か、それ以降の時間がある時です。

 

その期間に、段々とやったことを忘れたり、モチベーションが下がっていきます

残業などのにより、翌日にできるとは限りませんからね。

 

これはサラリーマン時代に私が経験したことでした。

本ブログの前に、別でブログを作ったことがあるのですが、まったく記事を書けずに終わりました。

 

個人事業主の場合

個人事業主の場合は、失敗が分かったらその日のうちに改善ができます。

忘れる前にすぐに実行です。

 

たとえ深夜に分かったとしても、翌日会社に出かける必要はありませんので、そのまま明け方まで仕事をすることは可能です。

 

これが最大のメリットだと思っています。

 

個人事業主はやり直し(失敗の改善)が簡単にできるのです。

そのため、早めによい方向へ舵(かじ)を切ることができ、モチベーションが下がることがなく、逆にどんどん上がっていきます。

 

これは個人事業主となった今、感じていることです。

本ブログは会社を退職した後に作ったのですが、今日まで運営が続いており、少ないながらも収入を得ることができています。

 

時間に縛られないストレスのなさ

ストレスがないのも1つのメリットです。

 

朝起きるのが苦手な人も、いつ起きても構いません。

昼に起きて、深夜の3時まで仕事をしても誰も怒らないです。

 

なぜ、9時に仕事を始めなければならないのか?

 

そう思っている人もたくさんいると思います。

朝型の人、夜型の人、世の中70億人もいるわけなので、いろいろな人がいて当たり前です。

 

幸い私は朝起きれないことはなかったですが、起きるのはツラく、ギリギリまで寝るタイプでした。

  • ある期間は逆に、渋滞を避けるために早起きして、2時間前に会社に着いていた時期もありました

 

残業しても良い!

また、残業が自由なのもよいですね。

 

仕事が終わるまで、または、自分がキリがいいと思うまで、ひたすら仕事をし続けることができます。

 

私はサラリーマン時代、「働き方改革」で精神をやられました

仕事が終わっていないのに帰れと言われ、翌日、仕事の進捗が遅れていることに叱られて、そしてまた、仕事が残っているのに変える日々。

こういった日々が続き、段々とストレスが溜まっていきました。

 

ただ「帰れ!」というだけで、特に仕事量が減るわけでもなく、ストレスは溜まっていく一方でしたね。

 

個人事業主では、そういったことは起きず、好き放題残業ができます

私は別に残業は苦ではありませんでした。

 

仕事を残すことの方が苦です。

 

当然、1日20時間仕事をするなど、体に支障をきたすような無茶な残業は避けたいですが、そういった残業ではなかったので、むしろ残業して仕事をしたかった派でした。

 

このように、個人事業主は、自由に時間を操ることができるのが良いです。

 

1-2. 行動が自由

行動が自由というのは、「副業ではなく、なぜ個人事業主を選んだのか」の答えではなく、「サラリーマンではなく、なぜ、個人事業主を選んだのか」の答えです。

 

私は現在、個人事業主だけでなく、資産家としても成功を目指しています。

簡単にいうと、時間をかけずに、お金でお金を稼ぐ仕組みを作ろうとしています。

個人事業をやっていく中で、環境に影響されにくい稼ぎ方をしたいと思ったからです。

 

 

その中で、株やFXなども実施していきますが、当然、チャートを見ておく必要があります

 

サラリーマンとして、仕事中に株価のチャートを見ながら仕事をする人は少ないと思います。

私はしていませんでしたが、同僚が、休憩中にチャートを見ていることはよくありました。

 

サラリーマンの場合、休憩中しか見ることは難しいでしょう

 

個人事業主の場合は自由です。

私はブログを書くときも、常にFXのチャートを開いています。

 

チャートを見続けることで、相場の雰囲気を肌で感じようとしています。

資産家になるためには、これも重要なことだと思っています。

 

相場の急な変化にも対応できますし、やはり、いつでも行動ができるというのは強みになります。

 

これも個人事業主のメリットの1つでしょう。

2. 終わりに

冒頭にも言いましたが、個人事業主が正解だと思いません。

副業として成功している人もいるので、自分が出来うる方法を取ればいいと思います。

 

本記事は、私自身が感じていることを書かせていただきました。

 

やはり、自由というのは良いことです。

 

人生において、なるべく自由な時間を増やしていくべきだと思っています。

個人事業主ではなく資産家を目指している根底が、自由な時間を確保したいということなので、それに大きく影響されている考え方かもしれません。

 

なるべく個人事業については、自分が楽しめるものにして、時間を費やしても楽しみながら仕事をしていけるようにしたいと思っています。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事