(中小企業診断士スキル習得日記-No.012)月間報告(2021年10月):勉強時間は4時間1分

【←前の記事】

ゴール

  • 中小企業診断士試験第1次試験に合格する

 

目的

  • 個人事業主として、経営やマーケティングの知識を身につけるため

 

勉強方法

  • ①過去問を解く
  • ②本を読む

 

2021年11月現在、中小企業診断士試験の第1次試験に挑戦中です。

目的は、個人事業主として、経営やマーケティングの知識を身につけるためです。

 

2021年10月12日に、挑戦を宣言しました。

 

本記事では、中小企業診断士スキル習得日記における、2021年10月の月間報告を行いたいと思います。

なお、先月(9月)の報告記事はありません。

 

1. 目標に関する報告:中小企業診断士試験の受験日は未定

私は、中小企業診断士試験の第1次試験に合格することを目標(ゴール)としています。

 

2021年10月末時点において、一度も受験したことがありません

 

なお、来年(2022年/令和4年)の実施日程は、中小企業診断協会のホームページを見ると、まだ未定のようです。

 

ただ、今年の日程を見ると、以下のようになると予想されます。

  1. 第1次試験:8月
  2. 第2次試験:11月
  3. 口述試験:1月

 

最短で、2022年8月の受験になります。

 

私は当初、第1次試験の合格だけを目指していました。

資格がほしいというよりは、知識がほしいだけだったので、第1次試験だけでよいという考えでした。

 

ただ最近、中小企業診断士の資格を取得したいと思うようになりました。

そして、中小企業ではなく、個人事業主に対してコンサルティングを行う事業を立ち上げようと思っています。

 

そのため、今まで以上に、本気で中小企業診断士の試験対策に取り組む予定です。

 

おそらく、受験申し込み開始は5月頃になると思われますので、それまで勉強を続け、進捗具合により、申し込むか判断しようと思います。

 

2. 目的に関する報告:個人事業主として活用していない

中小企業診断士試験に合格したい理由は、個人事業主として、経営やマーケティングの知識を身につけるためです。

 

まだ勉強を開始していないため、自身の事業に、学んだことを反映できていません。

 

今後、試験対策の勉強をしながら、事業に活用できると思ったものを抜き出して実践しようと思っています。

 

そのほうが、勉強の内容をより理解できるようになると思いますし、私の事業も良くなっていく可能性がありますので、一石二鳥です。

 

役立った内容については、随時、本挑戦日記で報告したいと思います。

 

その報告が多ければ多いほど、目的を果たせたと言えるでしょう。

 

3. 勉強時間

2021年10月の勉強時間は、4時間1分でした。

 

3-1. 過去問を読んだ

10月23日〜25日は、令和3年度の第1次試験の過去問を読みました。

 

解いたのではなく、読んだだけです。

試験問題の雰囲気を味わうことを目的に、問題全てに目を通しました。

 

以下の記事でまとめています。

 

試験の雰囲気が分かり、どのような勉強をすればいいか把握できたので良かったと思います。

 

3-2. 試験の勉強方法の本を読んだ

10月31日は、中小企業診断士試験の勉強方法に関する本を読みました。

 

以下の記事にまとめています。

 

2009年発行の本で、内容が古いのですが、勉強方法だけでなく、中小企業診断士(コンサルタント)としての考え方のようなものも学べたため、読んでおいて良かったです。

 

本書を読んで、第1次試験合格だけでなく、中小企業診断士の資格を取得したいと思うようになりました。

 

4. 10月に実施したこと

本挑戦日記に関して、以下のような記事を書きました。

 

 

5. 11月に実施すること

勉強の中心は過去問を解くことにする予定だったのですが、少し内容とスケジュールを変更します。

 

まずは、「中小企業診断士に関する本」「コンサルタントに関する本」を読んでいくことにします。

試験対策の本も少し含まれますが、それだけでなく、コンサルティング業務に関する本も読みます。

 

中小企業診断士試験ではなく、中小企業診断士の仕事について、理解しておくことにしました。

 

その後、試験対策に取り組みます。

 

なお、第1次試験だけでいうと、以下のとおり、7科目あります。

第1次試験
1. 経済学・経済政策
2. 財務・会計
3. 企業経営理論
4. 運営管理
5. 経営法務
6. 経営情報システム
7. 中小企業経営・中小企業政策

 

これらについて、以下のような順番で学ぶことにしました。

11月 中小企業診断士に関する本」
コンサルティングに関する本」
・最初に中小企業診断士の仕事について学ぶ
12月
「3. 企業経営理論 ・中小企業診断士試験のメインだと思っているので、最初に勉強する
・経営やマーケティングなど、個人的に興味がある科目である
1月 「2. 財務・会計 ・個人事業主として、確定申告があり、簿記を学びながら実践をするため、合わせて、財務・会計の勉強も行う
2月
3月
4月以降
「5. 経営法務 ・別で、司法試験予備試験の勉強をするため、法律に関する知識が増えてきたら、経営法務の勉強を開始する
「1. 経済学・経済政策 ・別で、FXのために、経済学の勉強をするため、そちらの方である程度、知識を蓄えておく予定
「4. 運営管理 ・あまり興味が湧かない(個人事業主として活用できる点が少なそう)科目だったため、後回し
「6. 経営情報システム ・元ネットワークエンジニアであり、直前に勉強しても合格点を取れそうだと思ったため、後回し
・別で、G検定というAI(人工知能)に関する資格の勉強をするため、そちらの方である程度、知識を蓄えておく予定
「7. 中小企業経営・中小企業政策 ・あまり興味が湧かない(個人事業主として活用できる点が少なそう)科目だったため、後回し

 

11月に本を読んで、計画が変わるかもしれませんが、現時点では上記のようなスケジュールで勉強を進める予定です。

 

なお、読書予定の本は、以下の記事にまとめています。

 

6. 終わりに

中小企業診断士スキル習得日記は、個人事業主としての1つの挑戦です。

そのため、個人事業主日記とも関連があります。

 

個人事業主日記は、以下の記事で月間報告していますので、興味がある方はご確認ください。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事