(本人訴訟スキル習得日記-No.001)本人訴訟ができる知識を得るため、「司法試験予備試験」の「短答式試験」に挑戦します!

ゴール

  • 本人訴訟ができる知識を身につける(司法試験予備試験の短答式試験に合格する)

 

目的

  • ①自分のことは自分で守る
  • ②法律を利用する

 

訴訟」と聞くと、ネガティブなイメージを思い起こす人が多いと思います。

私もそうです。

 

おそらく、「訴えられる!」という受け身のイメージしかないからです。

 

ただ、私たちは、法律に縛られていると同時に、法律に守られていると思います。

 

そのため、自身の生活を脅かすような出来事については、堂々と法律を利用するべきだと思います。

ネガティブになって、我慢したり諦める必要はありません。

 

私は、2021年に個人事業主として開業しましたが、「会社」という組織に守られることがなくなり、何事も、一人で解決していく必要性を感じています。

その中の一つが、訴訟(本人訴訟)でした。

トラブルがあったときに、弁護士の力を借りず、自身の力で解決したいと思うようになりました。

 

なお、2021年10月現在、本人訴訟をする予定はありません。

特に、大きなトラブルはありません。

 

あくまでも準備となります。

この準備により、法律に詳しくなることで、生活における安心感が高まると思っています。

分からないことが分かっていくと、堂々と生きていけるようになるでしょう。

 

そのため、本人訴訟ができるようなスキル(知識)を習得していくことを決意しました。

 

本記事では、「本人訴訟スキル習得日記」と題して、「司法試験予備試験」の「短答式試験」に合格するまでの軌跡を残していこうと思います。

 

1. 本人訴訟スキル習得日記ではどのようなことを書く予定なのか?

以下のような記事を書いていく予定です。

気になる項目がある場合は、たまに本ブログをのぞいてみてください。

 

なお、本記事(本人訴訟スキル習得日記-No.001)は、目次のような役割にしようと考えていますので、必要により、本記事を「お気に入り(ブックマーク)」に登録していただけると幸いです。

 

1-1. 初めて法律を学ぶ私が習得したこと

私は法学部出身ではありません。

情報科学部出身です。

 

そのため、法律について今まで学んだことはありません。

訴訟を起こされたことも、起こしたこともありませんし、裁判所に行ったこともありません。

弁護士に会ったこともないです。

 

弁護士が活躍するドラマを見たことがあるくらいです。

 

多くの人が私と似たような状況だと思います。

 

本日記では、法律について何も知識がない私が、法律を学んでいき、「本人訴訟」や「生活」に役立つと思ったことをまとめていきたいと思っています。

 

No.001〜No.005

 

 

No.006〜No.008

 

 

1-2. 進捗報告

毎週、もしくは毎月、本人訴訟のための勉強の実施状況を報告したいと思います。

 

予定リスト

  • 2021年10月1週目の進捗報告

 

1-3. 参考にした本の紹介

基本的に、本で勉強することになります。

そのため、参考になった本やよかった本を紹介したいと思います。

 

読書予定リスト

[1]本人訴訟
  • [1]本人訴訟ハンドブック


  • [2]訴訟は本人で出来る


  • [3]わかりやすい訴訟のしくみ


 

[2]六法入門(全般)
  • [1]日本一やさしい法律の教科書


  • [2]日本一やさしい条文・判例の教科書


 

  • [3]はじめての六法


 

  • [4]武器になる「法学」講座


    [3]司法試験予備試験 (全般)
    • [1]司法試験予備試験に独学合格する方法


    • [2]論文答案ってどう書くの?


     

    [4]司法試験予備試験【①憲法】
    • [1]憲法がしゃべった。


    • [2]はじめての憲法総論・人権


    • [3]漫画でわかる憲法入門


    • [4]憲法の力


      [5]司法試験予備試験【②行政法】

      未定

      [6]司法試験予備試験【③民法】
      • [1]はじめての民法総則


      • [2]今日から役立つ民法


       

      [7]司法試験予備試験【④商法】
      • [1]起業の法務


      [8]司法試験予備試験【⑤民事訴訟法】
      • [1]はじめての民事訴訟法


      • [2]民事訴訟法


       

      [9]司法試験予備試験【⑥刑法】
      • [1]はじめての刑法総論


      • [2]はじめての刑法各論


      [10]司法試験予備試験【⑦刑事訴訟法】
      • [1]はじめての刑事訴訟法


      [11]司法試験予備試験【⑧一般教養科目】

      未定

      [12]その他
          • [1]裁判官・検察官・弁護士の仕事


          • [2]私が弁護士になるまで


          • [3]全盲の僕が弁護士になった理由(ワケ)


          • [4]苦節23年、夢の弁護士になりました


          • [5]弁護士が書いた究極の勉強法


          • [6]東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっているシンプルな勉強法


          • [7]夢をかなえる勉強法


          • [8]夢をかなえる読書術


          • [9]記憶する技術


           

           

          2. 終わりに

          弁護士のドラマがカッコいいものばかりのためか、法律家ってカッコいいイメージしかありません。

           

          知識やしゃべりのエキスパートのイメージです。

           

          私は、暴漢に襲われた時のために筋トレを実施しています。

          ただ、日本では、「手を出すと負け」と言われます。

          正当防衛になるか否かも、本人訴訟によるかもしれません。

           

          また、手を出さなかった場合、殴られ損はイヤです。

          我慢する必要はないのです。

          そういうときに、本人訴訟は役に立つでしょう。

           

          筋肉だけでなく、知識も鍛えるという意味で、「筋トレ」と「本人訴訟」を対(つい)にして、スキルアップしていきたいと思います。

          【次の記事→】

          おすすめの記事