【悩み】事業が継続できるか不安|【解決策】事業を大きくしていくことを考えよう!|【参考書籍】起業の天才!
【悩み/不安】 事業をこのまま継続できるか不安...
【解決策】 事業を大きくしていくことを考えよう!

 

「事業を継続できるか不安である」

 

私たち個人事業主は、企業に所属する会社員以上に、事業継続に不安を持っているはずです。

生きるか死ぬかの問題だからです。

 

それなのに、相談相手もおらず、基本的に1人で事業を運営しています。

不安になるのは当然です。

 

今回、「起業の天才!(著者:大西康之おおにしやすゆき」という本を読み、事業継続のための考え方を1つ習いましたので、そのキッカケとなったエピソードを紹介します。

 

「起業の天才!(著者:大西康之)」は、就職サイト「リクナビ」を運営する会社である、リクルートの創業物語です。

 



この本を読み、「事業を大きくしていくことを考えよう!」と思うようになりました。

 

なお、「起業の天才!(著者:大西康之)」は、個人事業主にとって、やる気を高めてくれる良書です。

大学新聞における小さな広告業から、大企業であるリクルートを作り上げていった物語が語られています。

 

私たち個人事業主も、同じように大きくしていけるのではないかと、気分を盛り上げてくれるような本でした。

やる気が下がっている人は、ぜひ一読してみてください。

1)事業を大きくしていくことを考えよう!

「起業の天才!(著者:大西康之)」から、リクルートの創業者である江副浩正えぞえひろまさ氏のエピソードを紹介します。

 

1-1)一度の成功に満足しないリクルートの創業者

儲かったのは「大学新聞に企業の求人広告を載せる」という、それまで誰もやったことのない新しい仕事を生み出したからだ。
そもそもベンチャーは「千に三つ」の世界、しかし幸運にも初めに大当たりのカードを引いたのだ。
しかし、江副えぞえは満足しなかった。

まず、大学新聞は、総ページの2分の1以下に広告スペースが制限されているうえ、求人広告が一時期に集中するため、申し込みを受けた会社の広告を全部載せられない。
大学によっては、購買率が極端に低く、広告効果に不安がある。
就職特集号は大学広告社で買い上げて学生に無料配布していたが、その手間と費用がかかりすぎる。
そこで江副えぞえがだした結論は、こうだ。

<われわれが責任をもって編集、配布できる媒体をもつ>(『月刊かもめ』1976年8・9合併号)
「起業の天才!(著者:大西康之)」

 

①成功に満足せず、事業を大きくしていこう

個人事業主の中で、
「まずは事業を成功させる。その後は、最低限の生活ができ、休日もしっかり取れるような事業規模で、維持していきたい」
と考えている人も多いかと思います。

 

私も一時期、同じような考えのときもありました。

(「高級車に乗りたいからたくさん稼ぎたい」と考えることもあります)

     

    ただ、上記の引用文、いや、「起業の天才!(著者:大西康之)」の全体を読んで、考え方が変わりました。

    事業が終わるまで、大きくしていこう!」という考えです。

     

    本書に限らず、起業家物語を読むと、その成長意欲に圧倒されます。

    とにかく起業家は、事業を大きくしていくことを常に考えている印象です。

     

    その勢いに乗せられました。


    ②事業を現状維持するのは難しい

    「現状維持」というのは難しいことだと思っています。

     

    時代や環境は日々変化しており、今までのやり方が通じなくなるからです。

    必ず、改善や工夫が必要で、現状維持が困難になっていきます。

     

    それよりも、以下のような流れの方が理想的だと思います。

    • 常に事業を大きくすることを考えて、少しずつでも大きくしていく
    • その後、時代や環境の変化が起こって、少し事業が小さくなってしまう
    • ただ、少しずつ大きくしていたので、結果としては、現状維持と同じに戻る

     

    結果的に現状維持程度になるように、少しずつ事業を大きくする方法です。

     

    起業家物語を読んでいると、どの起業家も成功に満足せず、事業を新たに始めたり、既存の事業の範囲を広げたりして、事業内容を大きくしています。

     

    そういった起業家のみが生き残っているため、ほとんどの起業家物語の起業家が、同じような成長志向の考えなのでしょう。

     

    「今までの事業(成功)を維持し続けられればいい」という考えでは、生き残れないと思うようになりました。

     

    そのため、私たち個人事業主が事業を継続するためには、成長志向で、事業を大きくしていくことを考え続ける方がよいと思ってます。


    ③私の場合

    私は事業の一つとして、本ブログを運営しており、現在は主に、本を読んで個人事業主に役立ちそうな情報を集めています。

    いわゆる、読書レビューです。

     

    このまま続けていくことも悪くないと思っていましたが、考え方が変わりました。

     

    まずは個人事業主として成功するために、他人の書いた本から学ぶため、読書レビューは続けます。

     

    ただ、時期が来たら、自分の経験をメインにした記事を書いていく予定です。

     

    さらに、もっと多くの個人事業主の現状を知りたいと思っています。

    そのため、中小企業診断士の資格に合格し、個人事業主向けのコンサルタントの事業も開始します。

     

    これにより、本ブログの読者である個人事業主にとって、よりよい情報が増えていくはずです。

     

    そのほかにもいくつか事業を大きくするアイデアが浮かんでいます。

    だんだんとこのブログが変わっていくのが分かっていくと思いますので、お楽しみに。

     

    このように、たとえブログという小さな事業だとしても、だんだんと大きくしていくことを考えてみてはいかがでしょうか。

     

    2)終わりに

    最近、「事業を大きくしよう」「事業を大きくしよう」と唱えると、やる気が高まってくることがわかりました。

       

      そのため、将来について不安になりやすい寝る前などは、「事業を大きくするぞ」と唱えることにしています。

       

      また、朝起きた時も、「事業を大きくするぞ」と唱えると、ベッドから起きやすいです。

      二度寝をしない方法としてお勧めします。

       

      事業継続のために、事業を大きくすることを考えていきましょう。

       

       

      なお、本記事と同じような悩みの解決策を、別の本などで見つけた場合は、別の記事にまとめていく予定です。

      本記事を読んで、「これだ!」と思えなかった場合は、別の記事も読んでみてください。

      おすすめの記事