(日本語ブログ運営日記-No.015)ブログ改善[3]:読書予定リストを資格の科目別に分類し、分かりやすくした話

【←前の記事】

ゴール

  • 本ブログの記事数を『1,000記事』にする!
    • 【期限】2022年3月1日

 

目的

  • 個人事業主として、月収1万円の事業にするため

 

基本方針(ポリシー)

  • 雑記ブログとして、内容を定めず、ひたすら記事数を増やしていく

 

補足

  • ブログに力を入れる理由
    • 資産」のように、価値が上がれば上がるほど、収入を生み出してくれるものである
    • 老後、更新しなくても、収入を生み出し続けてくれる可能性がある

 

私は2021年10月現在、本ブログの記事数を「1,000記事」にすることに挑戦中です。

2021年9月30日に宣言しました。

 

前回の記事と同様、本ブログにおいて改善を行なったため、記事としてまとめます。

 

今回は、記事内で読みたい本(読書予定リスト)を並べていたのですが、より分かりやすい形に分類したお話です。

 

本の並べ方は色々あると思います。

・「あ」から始まるもの、「い」から始まるもの...のように並べる
・マンガ系、小説系、絵本系で並べる

 

どれも綺麗な分類です。

ただ、それぞれ、探す人によって分かりやすさが異なります

 

つまり、本の分類は、探す人がどういう目的を持って、本を探すかを考える必要があるということです。

 

今回私は、資格のための勉強本を、資格の受験生向けに分類し直しました。

改善前は、本のテーマで分類していたのですが、その記事を訪れるブログ閲覧者の特徴を考えたところ、改善後のほうがふさわしいと思っています。

 

その内容について、記事としてまとめたいと思います。

 

1. 本を資格受験者向けに分類した

今回の改善の対象とした記事は、以下の挑戦日記記事です。

 

 

上記の記事(No.001の記事)には、各挑戦における資格に合格するため、読みたい本をリスト化して並べていました。

 

そのリストについて、資格の受験生が分かりやすいように、分類方法を変えました。

以下に、改善前と改善後の内容を示します。

 

  • 本人訴訟スキル習得日記

 

 

  • 中小企業診断士スキル習得日記

 

 

  • FP3級挑戦日記

 

1-1. 改善前

改善前についても、読みたい本のリストは、テーマ別に分類しておりましたので、見やすいリストになっていたと思います。

 

ただ、各記事を訪れる人の大半が、資格の勉強をしている人たちになります。

そういった人にとって、改善前の分類は、「本当に見やすいのだろうか?」と疑問を持つようになりました。

 

そして、その後、各挑戦日記の資格の過去問を読むことを実施しました。

 

これにより、資格の科目ごとの内容が分かるようになったのですが、明らかに、本のリストは科目ごとのほうが見やすいと思うようになります。

 

資格を受験する人は、科目ごとに勉強する人が多いからです。

 

そのため、科目ごとに本を分類する改善を実施しました。

 

1-2. 改善後

改善後は、資格試験の科目を中心に本を分類しております。

 

明らかに、本を探しやすくなったと思っています。

 

①をやめて、[1]にした理由

なお、本のリストについて、「①、②、③...」から「[1]、[2]、[3]...」に変更しております。

 

理由としては、①の場合、⑩までしか使えないからです。

 

今後、分類が増えたときのために、10以下の分類であっても、[1]を使う方が統一感があるので、すべて[1][2][3]...を使うことにしました。

 

2. 終わりに

分類方法は色々あります。

 

並べる人ではなく、その並べられたものを見る人(扱う人)が分かりやすいような分類方法にすることが正解でしょう。

 

改善前の私は、自分向けの分類方法になっていたと思います。

 

過去問を解くことで、資格の受験生の気持ちが分かり、受験生向けの分類方法に変更できました。

良い改善ができたと思っています。

 

ただし、改善は一回で終わりではありません。

 

もっと良い方法、もしくは、今回の方法があまりよくないと感じたら、再度改善方法を考えます。

基本的には、改善は永遠と続けるものだと思ってます。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事