(日本語ブログ運営日記-No.008)1,000記事書くために『挑戦日記』を開始するが、なぜ日記を書くのか?

【←前の記事】

ゴール

  • 本ブログの投稿記事数を『1,000記事』にする!
  • 【期限】2022年3月1日
  • 【ブログ月収】3万円(予想)

 

基本方針(ポリシー)

  • 雑記ブログとして、内容を定めず、ひたすら記事数を増やしていく

 

補足

  • ブログに力を入れる理由
    • 資産」のように、価値が上がれば上がるほど、収入を生み出してくれるものである
    • 老後、更新しなくても、収入を生み出し続けてくれる可能性がある

 

私は2021年10月現在、本ブログの記事数を「1,000記事」にすることに挑戦中です。

2021年10月5日現在は、118記事となっています。

 

本ブログを1,000記事にするため、ジャンル/テーマを問わず、さまざまな内容の記事を、ひたすら書き続けたいと思っています。

 

2021年10月現在、本ブログで掲載している記事のネタは以下のようなテーマです。

  • GoProというアクションカメラのレビュー
  • BMPCC4Kという一眼レフカメラのレビュー
  • 筋トレ
  • 読書レビュー
  • 英語学習(TOEIC)

 

他にも、「筆記用具」「観光地紹介」などもあります。

 

ただ、これらの記事ネタにも限界を感じています。

 

そのため、新しいテーマを実施します。

それが「挑戦日記」です。

 

これは本記事である「日本語ブログ運営日記」も含まれます。

 

さて、ここで疑問ですが、「日記」はアクセス(収入)を稼げるテーマなのでしょうか?

需要があるのでしょうか?

 

本ブログでは、私が実施予定の挑戦日記の内容と、それを実施する理由をまとめたいと思います。

 

1. 「挑戦日記」の内容と実施する理由

私が本ブログで挑戦しようと思っているのは下表のような挑戦日記です。

挑戦日記名(仮) 内容
1. 日本語ブログ運営日記 本ブログの記事数を1,000記事にする
2. 資産家日記 「資産」を購入し、月収10万円を目指す
3. FXトレード日記 FXのトレードの結果をまとめる
4. 個人事業主日記 月収1万円の「事業」を複数構築し、月収10万円を目指す
5. 英語ブログ運営日記 英語でブログを構築し、収益化する
6. YouTube運営日記 YouTubeチャンネルを構築し、収益化する
7. 筋トレ日記 細マッチョを作り上げる
8. 本人訴訟準備日記 本人訴訟できるように法律を勉強(本人訴訟する予定はありません)
9. BMW日記 BMW320iで47都道府県を訪れる
10. TOEIC勉強日記 TOEIC900点を目指す

 

 

1-1. ただの日記でなく、ゴールがある日記は需要がある

「日記ブログは稼げない」とよく聞きます。

 

  • 芸能人ならともかく、一般人の日記なんて誰が見るのか?

 

私もその意見におおむね賛成です。

 

私も一般人の日記を好んでは見ないです。

ただ、少しでも特徴がある場合は、その日記に興味を持ちます。

 

例えば、私は「アメリカ旅行」に憧れているのですが、アメリカの生活について写真と共に紹介しているブログは見たいです。

他にも、個人事業主と開業していますので、同じ個人事業主の方のブログは見たいです。

 

一般の方が、一般的なことを書いていると、需要がないかもしれません。

ただ、「旅行」や「料理」など、少しでもテーマが入っていれば、人によって面白く感じるものだと思います。

 

何か少しでも、私にしか(あなたにしか)書けないことがあれば、それは立派な需要になると考えます。

 

ゴールを設定した日記にするべき

ただ単に、日常のことを書いている日記は、芸能人ではない限り、読まれにくいと思っています。

  • 本屋でこの本を買いました
  • 仕事に行って疲れました

 

ただ、ゴールが決まっていて、それに向かって挑戦している日記は需要があると考えます。

  • TOEICという英語の試験で、900点を目指している
  • 個人事業主で、月収10万円を目指している

 

こういったゴールに向かっている日記は、同じようなゴールに向かっている人にとって、役立つことがあるからです。

 

勉強や起業(個人事業主の場合)は、一人でやることが多いです。

一人でやっていると、不安を相談する相手がおらず、頭の中で抱えてしまうこともあります。

 

そういった中、同じようなことに挑戦している人を見つけ、同じような悩みを抱えている場合、安心感を得ます。

 

たとえ、悩みが解決されなくても、
自分だけじゃないんだ!同じような人がいるんだから自分も頑張って乗り越えよう!
と前向きになることがあります。

 

ゴールがある挑戦日記は、こういった効果があるため、需要があると思っています。

 

1-2. さまざまな挑戦をする日記ブログは、飽き性の自分と相性が良い

私は30年以上生きてきたのですが、飽き性だと思っています。

 

1つのことをやり続けるのはどうも苦手です。

当然、1つのことに集中すると、その分野について詳しくなり、それはそれで面白くなっていくのですが、段々と興味が薄くなっていきます。

 

実は、サラリーマンを退職したのも、飽き性が原因かもしれないと思っています。

 

ネットワークエンジニアだったのですが、別に、子どもの頃からの夢だったわけではありません。

たまたま、入学できる大学が情報科学部で、情報関係に詳しくなり、そのまま情報や通信(ネットワーク)に関係する企業に就職しました。

 

就職して10年以上経ちましたが、選んだ仕事にそこまで思い入れがなく、飽きてきてしまいました。

 

個人事業主として、さまざまなことを経験していきたい

こういった人生経験をしてきているので、個人事業主としては、さまざまなことを経験して生活したいと思っています。

そのため挑戦日記が非常に相性が良いです。

 

いろいろ挑戦しようと思っているので、それにより記事ネタがいろいろ浮かびます。

  • 成功すれば成功した理由を考察して記事にします
  • 失敗すれば失敗した理由を考察して記事にします

 

どう転んでも、記事ネタにできます。

 

当然、その事業を成功させるために奮闘するつもりです。

その過程で得られた知識や経験は、ブログ記事ネタとして需要があるものになると思います。

 

そのため、さまざまな経験をしながら、生活費を稼いでいくような人生と、挑戦日記は相性が良く、楽しみながら記事を書き続けることができます。

 

1-3. 日記記事でも書けば書くほどアクセスされる可能性は上がる

私は何かを検索していて、他人のブログの日記記事を訪れたことがあります。

 

つまり、日記記事がアクセスされる可能性はゼロではないということです。

自分で経験済みなので、確実にそう思っています。

 

日記記事だとしても、書けば書くほど、Googleなどの検索サイトに掲載される可能性が高まります。

1記事書くより100記事書く方が、1記事が掲載される確率は上がることでしょう。

 

そのため、日記記事を書くことはまったく無駄ではないと思っています。

 

Twitterで日記を書くこととの違い

例えば、筋トレのトレーニング結果を、Twitterで呟いている人がいます。

筋トレをしているフォロワー達と一緒に、キツい筋トレを乗り越えていく目的であり、よいコミュニティだと思います。

 

このようにTwitterで日記をつぶやくことも悪いことではありません。

ただ、やはり、収入の面でいうと、ブログのほうがよいです。

 

ブログの記事であれば、広告が掲載され、クリックされれば収入につながります

また、ブログ記事は、古いものでも検索サイトに乗ります。

Twitterのつぶやきは、古いものはあまり検索サイトに乗りづらい印象があります。

 

そのため、Twitterで日記を書くくらいなら、ブログに書いた方が良いと思っています。

2. 終わりに

「こんな自分の日記なんて誰が見るのだろうか...」という不安がないわけではありません。

 

ただ、それは私が決めることではありません

世間が決めることです。

 

やってみないと、世間は評価してくれません。

 

そのため、不安を無視して、記事を書きまくるべきだと思っています。

1,000記事達成したときに、日記記事のアクセスが少ないようであれば、やめるかもしれません。

 

ただ、それまでは何も気にせず、記事を書き続けます。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事