(日本語ブログ運営日記-No.005)なぜ、ブログ月収を目標にしないのか?

【←前の記事】

ゴール

  • 本ブログの投稿記事数を『1,000記事』にする!
  • 【期限】2022年3月1日
  • 【ブログ月収】3万円(予想)

 

基本方針(ポリシー)

  • 雑記ブログとして、内容を定めず、ひたすら記事数を増やしていく

 

補足

  • ブログに力を入れる理由
    • 資産」のように、価値が上がれば上がるほど、収入を生み出してくれるものである
    • 老後、更新しなくても、収入を生み出し続けてくれる可能性がある

 

私は2021年10月現在、本ブログの記事数を「1,000記事」にすることに挑戦中です。

2021年10月5日現在は、115記事となっています。

 

1,000記事の目標を立てた理由は、「ブログの記事数が増えればブログ収入が増える」と考えたためです。

 

つまり、1,000記事の先にあるのは、「お金」です。

お金を稼ぎたい、月収を増やしたいから、1,000記事を目指します。

 

それならば、
「月収を目標にすればよいのではないか?」
と思う人もいると思います。

 

私は個人事業主として開業しており、月収10万円を目指しています。

生活費がおよそ10万円なので、最低限生きていくために、月収10万円を確保したいわけです。

 

ただ、ブログ運営において、月収を目標にしませんでした。

 

なぜか?

 

「月収」は、自分の努力だけではどうにもならず、他人にも依存するからです。

 

本記事では、このことについてまとめておこうと思います。

1. 「月収」は自分一人で完結しない

「目標」というのは、掲げたら終了ではありません。

達成まで、「管理」する必要があります。

 

その管理する目標値が、「他者に依存する」のであれば、やる気がなくなっていきます

自分がどれだけ努力しても、報われないように感じるからです。

 

これが「月収」を目標にしない最大の理由です。

 

1-1. 「記事数」は自己完結する

「記事数」というのは、自分一人の中で完結するものです。

 

私が頑張って記事を書けば、記事数はどんどん増えていきます。

記事を書かなければ増えません。

 

  • 私の行動だけで、数が増えていく

 

つまり、私だけで完結するものとなります。

 

1-2. 「月収」は他者依存

一方、「月収」というのは、私一人の中で完結するものではありません。

 

素晴らしい記事を書くことで、アクセスが増え、月収が上がる「可能性」が高まるため、私の努力も必要です。

ただ、本当にアクセスが増えて、収入が増えるかどうかは、他者や環境に依存します。

 

  • 広告クリック報酬: 広告をクリックしてくれるか否かは他者に依存
  • アフィリエイト報酬: アフィリエイトリンクから製品を購入してくれるか否かは他者に依存

 

私がどれだけ良い記事を書いたとしても、必ずしも月収が増えるわけではありません。

ブログ閲覧者の方の行動に依存するわけです。

 

本ブログの月収を見て、収入は他者依存だと感じた

本ブログの月収を下表にまとめます。

注目して欲しいのは、2020年より2021年の方が記事数が多いにもかかわらず、2020年で月収が高い月(3月)があるということです。

 

ブログ収入は、「Googleアドセンス」と「もしもアフィリエイト」の収入を合算した値となっています。

なお、銀行に振り込まれた金額ではなく、確定金額です。

  • 「Googleアドセンス」は、確定金額の合計が8,000円以上になったら銀行に振り込まれます
  • 「もしもアフィリエイト」は、確定金額の合計が1,000円以上になったら銀行に振り込まれます
月日 ブログ全体の記事数 ブログ収入
2019年10月(ブログ開設) 19(+19) 20円
2019年11月 24(+5) 118円
2019年12月 24 603円
2020年1月 24 1,205円
2020年2月 24 3,829円
2020年3月 24 6,064円
2020年4月 24 847円
2020年5月 24 3,752円
2020年6月 24 1,802円
2020年7月 24 3,008円
2020年8月 24 3,275円
2020年9月 24 2,389円
2020年10月 30(+6) 1,807円
2020年11月 30 2,075円
2020年12月 30 1,879円
2021年1月 35(+5) 2,757円
2021年2月 58(+23) 2,167円
2021年3月 67(+9) 3,492円
2021年4月 80(+13) 5,835円
2021年5月 97(+17) 8,012円
2021年6月 97 3,259円
2021年7月 98(+1) 3,778円
2021年8月 103(+5) 3,269円
2021年9月 112(+9) 3,280円

 

正直、なぜ2020年3月の月収が高いかわからない...

2020年3月は、新型コロナウイルスについて、世間で不安を抱えている時期です。

今後どうなるかまったく検討がつかず、ニュースでもSNSでも、混乱していた時期だと思います。

 

そのような中、なぜかブログのアクセス数が増えて、収入が増えました。

 

  • Googleの検索アルゴリズムが変化した?
  • 3月は新しい年度への準備として、買い物する人が増えた?
  • 「特別定額給付金(10万円)」が全国民に配られるという議論が開始され、買い物する人が増えた?

 

いろいろ考えられますが、全てに言えることが、「私」の行動ではなく、「私以外の他者」の行動です。

私以外の他者に依存して、月収は変化するということです。

 

目標設定は、やる気を引き起こすことも重要

「目標設定」というのは、自身のやる気を引き出す効果があると思っています。

目標なしに何かを頑張るよりも、目標に向かっていくほうが、やる気が出ます。

 

ゴールがない努力は、疲労が溜まるだけで、いずれ、精神的に疲れてしまい、行動をやめてしまうでしょう。

 

 

また、目標が他者依存であることも、精神的に疲れてしまいます。

どれだけ努力して頑張っても、目標に近づけないからです。

 

この場合、何もしなくても、目標が達成される場合があります。

そうなった場合、それ以降、努力することをやめるでしょう。

 

 

そのため、目標設定というのは、以下の2つが重要になると思っています。

  1. 自分のやる気を引き起こすもの
  2. 他者に依存せず、自己完結できるもの

 

そういった意味で、「月収目標」はあまり良いものではないと判断しました。

そして、自分の努力だけで管理でき、さらに、数値管理できるものであるとして、「記事数」を選びました。

1,000という数字にした理由は以下の記事にまとめています。

 

 

 

記事数が増えていけば、月収も増えていくという想定

ただし、記事数が増えていけば、月収が増えていくだろうという「期待」は持っています。

 

私の先程の月収表を見ますと、記事数が少ない月のほうが月収が多い月がありますが、そういう月ばかりではありません。

記事数が増えるごとに、2,000円前後だった月収が、今は3,000円以上をキープするようになってきています。

 

 

また、記事数が増えれば増えるほど、その中で、ヒットする記事が生まれやすくなると思っています。

100記事の中で1記事だけヒットするとして、1,000記事書けば10記事です。

 

数が増えれば増えるほど、その分、ヒット作品(記事)が生まれる可能性も高まると期待しています。

 

そのため私は、「記事数」を目標設定として、記事を書きまくることで、アクセスおよび月収を増やしていくことにしました。

 

2. 終わりに

「お客さまが欲しいものを作れば、収入は後からついてくる」というのはよく聞く話です。

著名な経営者が発言することが多いように思います。

 

「お金」を管理することは悪いことではないと思います。

非常に重要です。

「お金」がないと、破産/倒産してしまいますからね。

 

ただ、個々の製品やサービスについては、収入よりも「より良い製品/サービスを作ること」に気を配った方がよいのかもしれません。

とりあえず2021年10月の方針としてはこの方針でいきます。

 

  • 良い記事を1,000記事作り続けることで、収入は後からついてくる

 

1,000記事作成して、収入がついて来なかったら、その時また、「お金」について考えたいと思います。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事