(日本語ブログ運営日記-No.004)【ブログ月収公開!】『1,000記事』達成すると、ブログ収入はいくらになりそうか?(予想)

【←前の記事】

ゴール

  • 本ブログの投稿記事数を『1,000記事』にする!
  • 【期限】2022年3月1日

 

基本方針(ポリシー)

  • 雑記ブログとして、内容を定めず、ひたすら記事数を増やしていく

 

補足

  • ブログに力を入れる理由
    • 資産」のように、価値が上がれば上がるほど、収入を生み出してくれるものである
    • 老後、更新しなくても、収入を生み出し続けてくれる可能性がある

 

私は2021年10月現在、本ブログの記事数を「1,000記事」にすることに挑戦中です。

2021年10月4日現在は、114記事となっています。

 

1,000記事の目標を立てた理由は、「ブログの記事数が増えればブログ収入が増える」と考えたためです。

 

なお、ブログは「量より質」だと思っています。

なぜなら、本ブログは24記事で収益化(銀行にお金が振り込まれる)できましたが、別のブログでは100記事で収益化できなかったからです。

 

ただ、「品質の良い」記事を「たくさん」書けば、収入は増えていくと思っています。

「質」だけにこだわらず「量」も増やせばよい、という単純思考で、1,000記事を目指すことにしました。

 

 

さて、1,000記事達成すると、ブログ収入はいくらくらいになるでしょうか?

 

本記事では、本ブログの収入を整理することで、1,000記事の収入を予想してみたいと思います。

 

1. 「1,000記事」達成時の月収の予想

まずは本ブログの月収を記事数とともに、表にしてみます。

 

ブログ収入は、「Googleアドセンス」と「もしもアフィリエイト」の収入を合算した値となっています。

なお、銀行に振り込まれた金額ではなく、確定金額です。

  • 「Googleアドセンス」は、確定金額の合計が8,000円以上になったら銀行に振り込まれます
  • 「もしもアフィリエイト」は、確定金額の合計が1,000円以上になったら銀行に振り込まれます
月日 ブログ全体の記事数 ブログ収入
2019年10月(ブログ開設) 19(+19) 20円
2019年11月 24(+5) 118円
2019年12月 24 603円
2020年1月 24 1,205円
2020年2月 24 3,829円
2020年3月 24 6,064円
2020年4月 24 847円
2020年5月 24 3,752円
2020年6月 24 1,802円
2020年7月 24 3,008円
2020年8月 24 3,275円
2020年9月 24 2,389円
2020年10月 30(+6) 1,807円
2020年11月 30 2,075円
2020年12月 30 1,879円
2021年1月 35(+5) 2,757円
2021年2月 58(+23) 2,167円
2021年3月 67(+9) 3,492円
2021年4月 80(+13) 5,835円
2021年5月 97(+17) 8,012円
2021年6月 97 3,259円
2021年7月 98(+1) 3,778円
2021年8月 103(+5) 3,269円
2021年9月 112(+9) 3,280円

 

1-1. 記事数とブログ月収に相関性は見られない!

2021年9月の最新月収は3,280円で、記事数は過去最高の112記事です。

これは、過去最高の月収ではありません。

 

最高は、2021年5月の8,012円です。

 

また、2020年3月は、記事数がたったの24記事にもかかわらず、6,064円となっています。

 

これらの結果より、記事数が多ければ多いほど、月収が高くなるというわけではなさそうです。

 

記事数が増えていくにつれ、収入の幅は上がっている気がする

2020年は記事数24〜30で、月収847円〜6,064円となっています。

2021年は記事数35〜112で、月収2,167円〜8,012円となっています。

 

2021年は、2,000円を下回ることがなくなっています。

また、3,000円を超える月が増えています。

  • 2021年3月から、3,000円を切っていません

 

そのため、記事数が増えたことにより、収入の幅が、全体的に上がったように思います。

つまり、最低月収の金額と、最高月収の金額が上がっています。

 

ブログ月収はいろいろな要素に影響される

ブログの収入源は、「アフィリエイト」と「広告クリック」です。

 

アフィリエイトは、私がレビューした製品を、記事に示した購入リンクから、ブログ閲覧者の方が購入した時に、報酬として支払われます。

必ず「買う」という行為が必要です。

 

つまり、製品が購入されないと報酬がもらえません

 

例えば、2020年と2021年は、新型コロナウイルスの影響で、外出する人が激減しました。

私が本ブログで主に紹介していたのは、GoProというアクションカメラです。

このカメラのほとんどの用途が、外出先での撮影でしょう。

 

つまり、外出する人が減ったことで、GoProを買う人が減っているはずです。

もしも、新型コロナウイルスがなければ、もう少し月収は高かったのではないかと思っています。

 

そもそも外出しない場合、カメラを買おうと思わないので、インターネットで検索する人も減っている可能性があります。

その場合、記事へのアクセス数も減り、Googleアドセンスの広告クリックの数も減っているでしょう。

 

こういったこともあるため、ブログだけの収入に頼るのは危険だと思っており、「個人事業主」だけでなく「資産家」になることを目指しています。

その話は別の記事でしていますので、興味がある方は読んでみてください。

 

 

ブログのメリットは更新しなくても収入が得られること

少し、本記事の趣旨とは異なるのですが、お話しさせてください。

 

2019年11月〜2020年9月は、ずっと24記事です。

つまり、11ヶ月間、ブログの更新をしていません

 

それなのに、数千円の月収となっています。

 

これがブログのメリットだと思います。

怪我や病気でブログが書けなくても、過去の記事が勝手にお金を稼いでくれます

 

金額は少ないですが、私の場合、ブログ運営費が月1,227円のため、それ以上はすべて利益になります。

ちょっとしたものなら買えます。

 

私が「資産家」を目指しているのは、「お金がお金を稼いでくれるため」です。

自分が働かなくても、お金を稼いでくれるのが「資産」だと思っています。

 

こういう考えでいうと、ブログも「資産」に見えてきませんか?

私はブログを「資産」だと思っています。

 

資産だと思って育てていく予定です。

老後に働けなくなっても、稼いでくれる存在(つまり、資産)にしたいと思っています。

 

1-2. 記事数1,000では月収いくらか?(予想/期待)

記事数が多ければ多いほど月収が多いわけではないため、1,000記事の月収は予想しにくいです。

 

そのため、私の期待とともに算出したいと思います。

 

2021年9月現在は、記事数112で、3,280円です。

その前の、7〜8月は記事数100くらいで、3,000円くらいです。

 

これらより、記事数100で3,000円としたいと思います。

 

そして、記事数1,000は10倍なので、月収30,000円。

 

これが予想および期待です。

 

私は、記事数1,000記事を目指し、ブログ月収を3万円にしたいと思います。

 

2. 終わりに

ブログ月収は、記事数で決まるものではないと思います。

その記事で紹介している製品やサービスにもよりますし、アフィリエイトの広告にもよると思います。

 

記事数100記事でも、0円のブログや、3,000円のブログや、1万円のブログや、10万円のブログがあるでしょう。

 

私は3,000円です。

 

生活費の中で、水道料金や駐車場代くらいは払えます。

ただ、家賃や食費は払えませんね。

 

1,000記事を達成して、月収3万円になっても、生活費は払えません。

私の生活費は10万円くらいですからね。

 

というわけで、1,000記事を目指しても、意味がないかもしれません。

ただ、これはあくまでも予想です。

 

1,000記事で3万円ではなく、30万円になる可能性もあります。

わざわざ悪い方に考えて、「月収3,000円のままかもしれない...」とマイナス思考になる必要はないと思います。

 

プラス思考でいきます。

月収3万円以上になるだろうと考え、ひたすら記事を書き続けたいと思います。

 

「実際にいくらになったか」については、本記事を見た人が気になるところだと思いますので、1,000記事達成したら公開したいと思います。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事