(FXトレード日記-No.014)進捗報告(2021年11月1週目:31日〜6日)選挙後にトレードし、含み益を抱えたが、プラス50円で決済

【←前の記事】

ゴール

  • FX85万円の利益確定する

 

目的

  • 資産運用の通算成績をプラスにするため
    • 2014年〜2021年3月までの成績:マイナス849,455円
    • 株、FX、ゴールド、シルバー、プラチナ、仮想通貨の合計額

 

私は2021年10月現在、FXで85万円の利益確定を目指しています。

投資金(元手)は、34万円です。

 

2021年10月19日に、挑戦を宣言しました。

 

本記事では、2021年10月31日〜11月6日の、FXトレード結果を報告します。

 

1. 2021年10月31日〜11月6日のFXトレード結果

まずはFXの資産額です。

 

投資金(元手)は34万円で、2021年11月6日時点で、334,660円となります。

つまり、マイナス5,340円です。

 

トルコリラの下落の影響が収まらず、含み損が消えず、マイナスのままとなっています。

 

確定損益と含み損益は以下のとおりです。

・確定損益:プラス50円
・含み損益:マイナス5,810円

 

1-1. 確定損益:プラス50円

今週の確定損益はプラス50円でした。

 

10月31日〜11月6日のFXトレード結果(確定損益)は下表のとおりです。

月日 確定損益
10月31日(日) -
11月1日(月) +50円
11月2日(火) -
11月3日(水) -
11月4日(木) -
11月5日(金) -
11月6日(土) -

 

 

①イギリスポンド円(GBP/JPY)でトレード

選挙が終わって落ち着いたため、11月1日にトレードを開始しました。

 

イギリスポンド円(GBP/JPY)の動きが活発であり、1日に100pips動くことがあるため、イギリスポンド円(GBP/JPY)でトレードを行っています。

最近は、ドル円(USD/TPY)をほぼ見ていません。

 

11月1日に買い注文

11月1日の11時27分に、10,000通貨で買いポジションを持ちました。

なお、私のルールは、マイナス100pipsで損切りですので、同時にマイナス99.9の逆指値注文が出されます。

 

日経225先物がプラス750円であり、このまま上昇すると予想しました。

特に、16時頃、大幅な上昇があると予想し、その時間までは放置することにしました。

 

12時22分に逆指値注文の値を変更し、防御

私は、含み益になったら、防御策として、プラス3pipsくらいで逆指値注文を設定します。

こうすることで、大きな損失を防ごうとします。

 

今回のトレードでも、予想が的中し、プラス11pipsくらいになったため、逆指値注文を設定しました。

正確には、マイナス99.9pipsの注文を変更し、プラス6pipsにしました。

 

 

16時頃まで含み益が継続!

予想が的中し、プラス10pips以上をキープしたまま時が過ぎます。

一時、プラス30pips(3,000円)くらいになっていたと思います。

 

ただ、私がエントリーした理由は、「16時頃に大幅上昇する」と思ったからです。

そのため、利益確定することなく、様子を見ていました。

  • ここで売ればよかったのに....。

 

予想が外れ、16時から下落...

私の予想は外れます。

16時に上昇するのではなく、下落しました...。

 

 

そのため、逆指値注文(プラス6pips)が決済され、少しずれたプラス5pips(プラス50円)で利益確定されました。

残念。

 

「16時までに利益確定しておけばなぁ」とは思うのですが、16時の上昇時に利益確定しようとエントリーしたので、それまでは利益確定できませんでした。

 

自分のルールどおりトレードしたということで、ヨシとします。

 

ただ、今後は、ルール変更が必要ですね。

 

半分の通貨だけでも、利益確定しておいた方がよかったです。

今は特に、トルコリラで含み損を抱えている時期でもあります。

 

ルール変更を決意した日でした。

 

その後、上昇することに怒りを覚える!

逆指値注文が決済された後、チャートは急上昇します。

 

これはいつも、本当にストレスになります!

 

なぜでしょうか?

 

別に含み損が増えるわけでもなく、一応、少ないですが利益確定しているわけです。

 

損した!」という気持ちになるんですよね。

 

なぜ、自分が決済した後に?!」という思いもあります。

 

たまたま、もしくは、自分が他の人と同じ考えでトレードしているだけでしょう。

 

私が注文した値が、多くの人と重なっており、ターニングポイントになったのでしょう。

 

自分もそこで注文設定していたわけなので、他の人と同じことをしていたわけです。

 

ただ、これがものすごくストレスになりますね。

もう少し、ストレスを抑えるトレーニングが必要だと思っています。

 

このままだと、このストレスでとんでもないトレードをしていまう恐れがあります。

アンガーマネージメント(怒りを抑える)などの本を読み、精神を強めたいと思います。

 

②イギリスポンド円(GBP/JPY)が暴落

なお、イギリスポンド円(GBP/JPY)はその後暴落し、2021年11月7日現在は、153.022円で終了しています。

 

私がトレードしていた時は、156.089円だったので、マイナス300pipsくらい下がっています。

 

私はその下落付近でトレードはしていません。

ただ、実は、上昇したら買おうと思って、逆指値注文(153.700円付近)を設定していた期間がありました。

 

その注文が決済されずに、下落していったのですが、あと10pipsくらいのところで注文が決済されていたと思います。

 

その後、マイナス99pipsで決済され、マイナス1万円になっていたことでしょう。

 

危なかった....。

 

今後のトレードのやり方を失う

これまでイギリスポンド円(GBP/JPY)は上昇傾向にあったのに、暴落してしまい、また上昇するかまだ下落するか、予想できなくなりました。

 

そのため、来週以降は、トレードの頻度が落ちると思われます。

 

もしくは、ドル円に変更するなど、トレードの見直しを考えようと思います。

 

1-2. 含み損益:マイナス5,810円

トルコリラ(TRY/JPY)の10,000通貨が、マイナス5,810円の含み損です。

前回は、マイナス4,376円の含み損でしたので、少し増えています。

 

スワップポイントは2,514円から2,720円へ増えました(プラス206円)。

スワップポイントを除くと、本来の含み損は、マイナス8,530円です。

 

そろそろ損切りか

私は10,000通貨でトレードし、マイナス100pipで損切りするというルールでトレードしています。

 

マイナス8,530円なので、マイナス85pipsです。

 

そろそろ損切りをすることになりそうです。

 

ただ、私の損切りポイントがターニングポイントで、そこから急上昇して戻る可能性もあります。

この可能性が抜けきれないです。

 

前回の報告のとおり、上昇した経験を持っているからです。

 

 

まだ心が揺れ動いています。

  • マイナス100pipsで損切り
  • マイナス10,000円で損切り

 

スワップポイントがあるので、マイナス10,000円の損切りルールにすれば、もう少し耐えられ、それにより、急上昇による持ちこたえが可能かもしれません。

 

どうしようか...。

 

悩みます。

本当に悩む。

 

たった、2,500円くらいの違いでしかないのですが悩みます。

 

とりあえずは、マイナス100pipsの損切りを頭の隅に置いておき、引き続きトルコリラのチャートを見続けたいと思います。

 

来週は何らかの動きがあると思ってます。

 

2. 終わりに

トルコリラはもう諦めています。

プラスに転じることはないでしょう。

 

あとはいつ損切りをするかです。

 

可能であれば、年末くらいまでマイナス100pipsにならずに、スワップポイントを貯め続けたいです。

 

つまり、放置したまま、何もトレードしたくないです。

損切りもしたくないですし、利益確定も求めていません。

 

そう願っているのですが、そんな甘いことはできないと思います。

 

そろそろ損切りの選択をしないといけないと思ってます。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事