(FXトレード日記-No.011)進捗報告(2021年10月4週目:17日〜23日)トルコリラの暴落で含み損!

【←前の記事】

ゴール

  • FX85万円の利益確定する

 

目的

  • 資産運用の通算成績をプラスにするため
    • 2014年〜2021年3月までの成績:マイナス849,455円
    • 株、FX、ゴールド、シルバー、プラチナ、仮想通貨の合計額

 

私は2021年10月現在、FXで85万円の利益確定を目指しています。

投資金(元手)は、34万円です。

 

本記事では、2021年10月17日〜23日の、FXトレード結果を報告します。

 

1. 2021年10月17日〜23日のFXトレード結果

まずはFXの資産額です。

 

投資金(元手)は34万円で、2021年10月23日時点で、335,275円となります。

つまり、マイナス4,725円です。

 

先週は、339,997円でマイナス3円でしたが、今週はトルコリラの下落で大きく資産額を減らしました。

売り判断はできませんでした。

 

1-1. 確定損益:プラス40円

今週の確定損益はプラス40円でした。

 

10月17日〜23日のFXトレード結果(確定損益)は下表のとおりです。

月日 確定損益
10月17日(日) -
10月18日(月) -
10月19日(火) -
10月20日(水) +20円
10月21日(木) -
10月22日(金) +20円
10月23日(土) -

 

 

イギリスポンド円(GBP/JPY)でトレード

最近のイギリスポンド円の上昇により、さらなる上昇を期待し、「買い」でトレードに入りました。

現在、156円前後ですが、2015年8月ごろがピークであった200円付近まで上昇していくのではないかという期待です。

 

2回トレードしましたが、どちらも、逆指値注文により決済されました。

私は含み益になったら、大きな損益を防ぐために、プラス3pips程度で逆指値を仕掛けるのですが、それが確定されました。

 

 

一応、2つのトレードとも、プラスで終わっていますが、合計40円です。

 

チャート

一週間のチャートは以下の写真となります。

黄色枠の部分が、ポジションを保持していたおおよその期間です。

 

約定履歴は以下です。

 

逆指値注文で値を間違えた!

今回、トレードで1点、失敗を犯しました

 

逆指値の値設定ミスです。

 

実は最初のトレードである、「157.883円での買い」は、含み益になったときに、プラス3pipsで逆指値注文を出したつもりでした。

これにより、157.883円を下回る前に、利益確定で決済されるはずでした。

 

ただ、値を間違って、156.886円で注文していたのです!

 

1円分、間違っています。

 

実はこれ、初めてではありません。

何度か起こっています。

 

逆指値注文時の最初の値(デフォルト)が、1円くらい下回って表示されており、混乱してしまうのです。

 

これは私のミスですね。

このせいで、数千円以上の含み損を抱える期間がありました。

 

その時の気持ちは、「注文を間違えなければ、こんな思いをしなくてもよかったのに...」です。

後悔しかありませんでした。

 

幸い、その後に価格は上昇していったため、再度、正確な値で逆指値を注文し、それが確定となりました。

 

今度からは、絶対にこのミスをしないように注意して発注したいと思います。

 

急に価格が下がることがあるので、焦って注文しようとするからいけないのだと思います。

冷静を心がけたいです。

 

逆指値注文のせいで、大きな利益は得られない

私は、156円〜157円が、160円まで上昇すると思って買いでエントリーしました。

 

そのため、逆指値注文を設定し、大きな損にならなかったので良かったと思っています。

 

ただ、含み益は一時的に、プラス1,000円以上にはなっています。

「プラス10pipsで利益確定する」というルールでトレードしてもよかったかもしれません。

 

このあたりは考え中です。

 

小さな利益でも得たいのであれば、そういったルールもありでしょう。

ただ、今回は、大きな利益目的でトレードしたため、ちょっとした含み益では放置したままにしました。

 

今後、もう少しルールを考えていきたいと思います。

 

1-2. 含み損益:マイナス5,115円

含み損益については、大損です!

 

私はトルコリラを合計10,000通貨持っているのですが、マイナス5,115円の含み損になっています。

 

 

スワップポイントが2,215円ありますので、本来の含み損は、マイナス7,330円です。

 

トルコ中銀政策金利により下落

10月21日の20時に、トルコ中銀政策金利発表があったのですが、政策金利が前回18%、予想17%、発表16%ということで、トルコリラは大きく下落しました。

 

私は迷っていました。

売っておくか、放置しておくか。

 

トルコリラは基本的には放置しておく方針です。

スワップポイントのために買ったからです。

 

そのため、放置していたら、この結果になりました。

 

トルコリラの損切りは、pipsで見るか、円でみるか?

私は基本方針として、10,000通貨でトレードして、マイナス100pipsになったら損切りすることにしています。

 

 

マイナス100pipsにした理由は、マイナス1万円以上になると精神的にキツいからです。

 

今回、トルコリラは、マイナス5,115円となっています。

ただ、スワップポイントを含めないと、マイナス7,330円です。

 

以下で迷っています。

・スワップを含めてマイナス1万円で損切り
・スワップを含めずにマイナス1万円で損切り

 

11円後半が続くか否か

2021年10月24日現在、11.798円となっています。

 

私が購入した価格は、12.518〜12.560円です。

 

もう少しで、11.500円台に近づきます。

 

ここで、11円後半が、年末まで続いたと仮定してみます。

・スワップポイントは毎日44円(10,000通貨)
・年末まで、あと67日なので、2,948円になる

 

現在のマイナス5,115円には遠く及びませんね。

 

 

そう考えると、どこかで潔く、損切りした方が良いように思ってきました。

それなら早めにしたいです。

 

ということで、スワップポイントなしで、マイナス1万円になったら損切りします。

 

来週の値動きを見て考えが変わるかもしれませんが、今のところは、この方針で見届けたいと思います。

 

2. 終わりに

放置するだけの方針であったトルコリラで、大きな含み損が発生しています。

 

これまで貯めてきたスワップポイントが水の泡です。

 

これもある意味、コツコツドカンですね。

 

FXはコツコツドカンばかりの気がします。

 

 

よきところで損切りをして、気持ちをスッキリさせようと思います。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事