(FXトレード日記-No.002)なぜ、FXなのか?

【←前の記事】

ゴール

  • FX85万円の利益確定する

 

目的

  • 資産運用の通算成績をプラスにするため
    • 2014年〜2021年3月までの成績:マイナス849,455円
    • 株、FX、ゴールド、シルバー、プラチナ、仮想通貨の合計額

 

私は2021年10月現在、FXで85万円の利益確定を目指しています。

投資金(元手)は、34万円です。

 

もともと資産家を目指していることがあり、資産運用(投資)を行うことにしました。

理想は、「時間」を使わずに、「お金」を使い、お金を稼ぐことです。

 

 

 

その方法の1つとして、FXを選択しました。

 

株やゴールド、仮想通貨などがある中、なぜ、FXなのでしょうか?

 

本記事では私がFXを選択した理由をまとめたいと思います。

 

1. 私が資産運用でFXを選んだ理由

私が資産運用においてFXを選んだ理由は、レバレッジを高くできるからです。

 

①レバレッジとは?

レバレッジとは、簡単にいうと、少ない投資金でも大きな金額の取引ができる方法です。

 

レバレッジとは、預入れている資金(預入証拠金)に対して何倍の為替取引を行っているか=投資倍率を意味します
FX PLUSでは、口座全体の取引額に対して4%(※)以上の証拠金が必要となるため、個別の取引ごとにレバレッジを変更することはできません。
4%の必要証拠金を差入れている場合のレバレッジ効果は最大(25倍)となります。
レバレッジ効果を下げたい場合は、預入証拠金額を4%よりも増やすことにより下げることが可能です。

 

例えばFXでは、最大25倍のレバレッジをかけることができます。

 

②投資金(元手)が少ない私:34万円

私は生活費や個人事業主の事業としてもお金が必要なため、資産運用に当てられるお金は少ないです。

34万円となっています。

 

この少ない投資金では、資産を大きく増やすことは困難です。

例えば、株で3%の利益が得られると仮定しても、34万円だと、たったの10,200円です。

 

ここで、25倍のレバレッジをかけるとします。

その場合、850万円で運用していることと一緒ですから、3%の利益だと、255,000円になります。

 

1万円の利益が、25万円の利益になるわけです。

 

投資金は多ければ多いほど利益も大きくなります。

お金持ちがますますお金持ちになる理由がここにあると思っています。

 

株の配当金は1~5%が多いですが、投資金が多ければ、生活にとって、十分な収入になります。

生活費よりも多くの収入を得たら、余ったお金をまた投資に回せば、永遠と増えていきますね。

 

このように、投資金は明らかに多い方が良いです。

そのため、レバレッジを高くできるFXは、投資金が少ない私には魅力的でした。

 

③ただし、利益が大きくなる分、損失も大きくなる

レバレッジが高くできるのはメリットだけではなく、デメリットもあります。

 

損失も大きくなることです。

 

34万円の元手で、25倍の850万円すべてを、新興国通貨(成長が初期段階の国の通貨)に投資したとしましょう。

 

その国が、財政悪化し、通貨の価値が無価値(0円)になったとします。

その場合は、34万円ではなく、850万円の損失になるでしょう。

 

つまり、差分の816万円の借金になると考えています。

 

これは最悪の状況ですが、「これくらいのことが起こりうる」と考えておくべきだと思っています。

 

そのため、レバレッジの度合いについては、よく考えて決めていきたいと思ってます。

2. 終わりに

FXは、投資金(元手)が少ない私にとって、取り組みやすい資産運用だと思います。

 

ただ、私の理想は、まったく時間をかけずに、お金を得ることです。

株の配当金や、不動産の家賃収入が理想です。

  • 実際には、株の売り時の判断や、不動産の手入れで時間が必要かもしれませんが、それでも少ない時間で済むと思ってます

 

FXは、日々のチャートチェックが必要だと思っており、「放置する」ことは難しい印象です。

 

そのため、どちらかというと、理想には近くありません。

 

ただ、「お金」にお金を稼いでもらうというところは一致しているため、FXを実施することにしました。

 

できるだけ「時間」を使わずに、FXで利益を得られないかを考えていきたいと思います。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事