(簿記3級挑戦日記-No.004)日商簿記検定3級合格に向けて、勉強方法はどうするか?

【←前の記事】

ゴール

  • 日商簿記検定3級に合格する

 

目的

  • 個人事業主として、簿記の知識を身につけるため

 

勉強方法

  • ①読書
  • ②青色申告書を作成

 

2021年10月現在、日商簿記検定3級に挑戦中です。

 

簿記3級に合格するためには、勉強をしなければなりません。

 

さて、どのような勉強方法がよいでしょうか?

 

今回の記事では、私の勉強方法をまとめたいと思います。

 

1. 私の勉強方法

日商簿記検定3級に合格するために、以下の2つを実施したいと思います。

1. 読書
2. 青色申告書の作成

 

1-1. 簿記に関する本を読む(会計も!)

勉強方法のメインは読書です。

 

簿記に関する本を読みまくろうと思います。

日商簿記検定3級の教材だけでなく、一般的な簿記の本(入門書)についても読みます。

 

なお、読む予定の本は以下の記事にまとめています。

 

簿記3級合格の先にあるのは個人事業主の確定申告(青色申告)

私は日商簿記検定3級に合格したいだけではありません。

その合格証明書をブログに載せて権威性を上げることも1つの目的ですが、他にも、個人事業主として確定申告のときに役立てたいと思っています。

 

そのため、日商簿記検定3級の教材を読むだけではなく、簿記に関する本全般を読みます。

 

会計の本も読む!

簿記とは少し異なりますが、会計に関する本も読もうと思います。

 

個人事業主としては、簿記だけでなく会計も重要です。

 

事業におけるお金の流れをよく理解しておかないといけません。

そして、正しい会計書類を作るためには、簿記の正しい知識が必要です。

 

そのため、簿記と会計は関連性があると思っています。

 

会計の知識も合わせて習得していけば、効率的に勉強できるでしょう。

 

過去問が公開されていない!

資格試験において、過去問を解くことは重要だと思っています。

 

ただ、私が調べた限り、日商簿記検定3級の過去問は、インターネット上に公開されていないようです。

無料で見ることができません。

 

そのため、日商簿記検定3級を受験する前に、問題集を買おうと思います。

 

日商簿記検定3級の受験は、青色申告が終わってからと考えています。

早くて、2022年3月以降ですね。

 

青色申告が終わったら問題集を購入し、それまでに蓄えた知識を試し、合格に向けた最後の調整をしていきたいと思います。

 

1-2. 青色申告書の作成

私は2021年に個人事業主として開業したため、2022年に初めて青色申告を実施します。

なお、確定申告は、2018年にサラリーマンを退職してから3回実施済みです。

 

初めての青色申告書の作成となるため、インターネットや本で調べながら作ることになるでしょう。

これも、日商簿記検定3級の勉強になると思っています。

 

より実践的な勉強になるため、頭にも残りやすいですし、間違ったらマズイ(申告漏れ、脱税疑い)ので真剣に調べることと思います。

教材を読むよりも真剣になりますので、ここでもしっかり勉強したいと思います。

 

2. 終わりに

勉強方法は色々あるため、良い方法が見つかったら途中で変えるかもしれません。

 

ただ私はお金をあまり使いたくないため、学校に通ったり、通信教育は予定していません。

基本的には、独学で勉強していきます。

 

独学は、勉強時間の確保や、自分が正しい勉強方法を実施しているか悩むことなどもあり、ツライことも多いですが、なんとかその壁を乗り越えていこうと思います。

 

【次の記事→】

【No.001の記事リンク】

本挑戦が面白いと思った方は、No.001の記事から全ての記事へアクセスできるようになっています。

ご参照ください。

 

おすすめの記事